腰痛、坐骨神経痛なら太田市接骨院、整骨院へ|痛みの治療なら太田市・足利市から通える、かわうちはり灸整骨院へお任せください。

かわうちはり灸整骨院
  • HOME
  • 当院について
  • 症例集
  • お問合せ
  • お役立ち情報
太田市、足利市のかわうちはり灸整骨院が腰の神経、坐骨神経痛治療について説明させていただきます。

【坐骨神経】
第4腰神経〜第3仙骨神経の前枝によって構成される仙骨神経叢から分岐し、人体のなかで最も大きな末梢神経です。
梨状筋下孔という筋肉で囲まれた穴を通り、膝を曲げるなどの作用があるハムストリング(半腱様筋、半膜様筋、大腿二頭筋)という筋肉などを支配しています。
膝裏の上で脛骨神経、総腓骨神経という下腿を支配する神経に分岐します。
z z このように坐骨神経は、枝分かれをしながら足先まで繋がっているため、神経に対して何かしらの障害が起きると殿部や太ももの裏、足先にかけての痛みや痺れなどが出現する場合があります。
このような症状を「坐骨神経痛」といいます。
神経を障害する原因としては様々な理由がありますが、代表的なものとして
太田市、足利市のかわうちはり灸整骨院がご解説します。

@腰椎椎間板ヘルニア・・・背骨は椎体という骨が組み合わさって構成されています、椎体と椎体の間には椎間板と呼ばれるクッションが入っており、前かがみなどが長時間続いたり急に重い物を持ち上げた際に椎間板が飛び出してしまうことがあります。この状態を椎間板ヘルニアといい、これにより坐骨神経の根本を圧迫すると症状がでてしまいます。
z A腰部脊柱管狭窄症・・・背骨の中には、脊柱管という神経の通り道があり、この間を神経が通っています。加齢などにより椎体や椎間板が変形を起こすと脊柱管が狭くなってしまい、それにより坐骨神経の根本が圧迫されると症状がでてしまいます。
z B梨状筋症候群・・・坐骨神経は、梨状筋というお尻の奥にある筋肉の間を通っていきます。そのため、スポーツなどでお尻の筋肉を多く使う方や柔軟性がない方などは、梨状筋が硬くなり坐骨神経を圧迫し症状がでてしまいます。
z
このようなことが原因となり坐骨神経痛は引き起こされますが、他にも腰椎分離すべり症、変形性腰椎症などさまざまな疾患が原因となります。

鍼の治療では原因になっている部分に鍼を打って治療をしていきます。
例えば、梨状筋症候群によって梨状筋の筋肉の緊張で坐骨神経が圧迫されて殿部の痛みや痺れがでている場合、緊張している梨状筋の部分に鍼を打って筋肉を緩め、坐骨神経の圧迫を取り、治療を行って行きます。
z スポーツなどでお尻の筋肉を多く使う方や柔軟性のない方は日頃からお尻の筋肉のストレッチを行うことで予防にもなってきます。
z z ストレッチ時間は15秒〜30秒でお風呂上がりの体が温まった状態でストレッチをしてもらうとより効果的に伸ばせます。ぜひ行ってみて下さい。

殿部の痛みや痺れ、お体の痛みが気になる方、太田市、足利市のかわうちはり灸整骨院へぜひご相談下さい。

PageTop

  • メールでのお問合せはこちら
  • twitter
  • facebook
  • ekiten
  • line