新着情報&ブログ | かわうちはり灸整骨院は太田市、足利市から通える整骨院です。

かわうちはり灸整骨院
  • HOME
  • 当院について
  • 症例集
  • お問合せ
電話番号

ビジネスブログ

2019年06月07日 [詳しい内容]

ランニング くるぶしの痛み 腓骨筋腱炎に対しての鍼施術 太田市・足利市かわうちはり灸整骨院

皆さんこんにちは、
今日はランニングによる足のくるぶしの痛みに関して
症例を紹介させていただきます。
z
自覚症状:右足外くるぶしの痛み
原因:ランニング(1日に約20km・1ヶ月に約150km)
お体の状態:外くるぶしの少し後ろが走っていると痛い、押すと痛い
痛みの出る場所は下の写真の部分です
z
この患者さんは毎日ではないですが休日には1日20kmを超えて走ることもあり
1ヶ月では150kmを超えて走っており、来院時には1日に3〜4km走っただけでも痛みがでてしまっている状態でした。
また足首が内反(ないはん)傾向であるため上記のくるぶしの部分に負担が加わりやすくなっていました。
z
施術としてはハイボルテージという電気治療で痛みを軽減させ、腓骨筋に関節(足首)を動かさず筋肉を収縮させるようにハイボルテージをかけることにより内反を軽減させます。z
鍼施術で腓骨筋を主として周りの筋肉にも刺鍼して筋肉の緊張を緩和させていきました。
z
施術後は押した時の痛みが3/10ほどになり現在では週に1回の来院で経過を見ています。週末にはランニングを痛みなく行えるようになっています。

また同様の症状はランニングだけではなく子どもから大人まで
ジャンプを繰り返すバスケットボールや
z
足関節捻挫の後遺症で捻挫を繰り返すことにより不安定になった足関節を
安定させようとして腓骨筋が過度に収縮することでも起こります。
z
気になる症状がありましたら、ぜひ一度太田市・足利市かわうちはり灸整骨院にご来院下さい。


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop

  • メールでのお問合せはこちら
  • twitter
  • facebook
  • ekiten
  • line