新着情報&ブログ | かわうちはり灸整骨院は太田市、足利市から通える整骨院です。

かわうちはり灸整骨院
  • HOME
  • 当院について
  • 症例集
  • お問合せ
電話番号

ビジネスブログ

2019年05月29日 [詳しい内容]

足の痛み ふくらはぎの痛み  腓腹筋筋挫傷 太田市・足利市かわうちはり灸整骨院

皆様おはようございます。
5月も後半になり、気温が高い日が続いています。そろそろ学生の方などで新入部員だった方は、部活動にも慣れてくる時期となり、怪我が増えてきます。怪我でお困りのことがありましたら、ぜひ、太田市・足利市かわうちはり灸整骨院にご相談下さい!!!
では、本日も早速症例をご紹介させていただきます。

<症例>
栃木県足利市在住 40歳代 女性
CC(自覚症状):右ふくらはぎの痛み
PI(原因):足を上げて着いた時(レッスンをしていて)
所見:Gait(+) 跛行(+) エコー(+) 腓腹筋内側頭 圧痛(+)
評価:右腓腹筋筋挫傷
治療法:電気療法・LIPUS・コンビ療法(超音波と電気を組み合わせたもの)
z
筋挫傷とは?
筋挫傷とは筋肉に直接的な外力がかかったことによる損傷で、肉離れとは異なります。 典型例はスポーツ中に他者の膝が自分の太腿にぶつかり、以後同部の腫れや痛みで運動ができないといった状況です。
z
まず、痛めている右腓腹筋内側頭のところにLIPUS(低出力超音波)を当てていきます。この機械を当てることによって、当ててない方と比べると約40%治りが早くなると言われています。
z
次に、損傷している患部のところに超音波と電気を組み合わせて使うことができる、機械を使っていきながら、患部に3分間施術を行って行きます。超音波は、ほとんどなにも感じることがありませんが、電気は人によって感じ方が様々なので、患者さんに様子をお聞きしながら施術を行いました。
z
損傷している患部を圧迫しながら固定をしなければならないので、患部に合わせたサポーターを用意し、日常生活でサポーターをしていただくように指導しました。
現在では、サポーターをしていただきながら日常生活を送っていただき、サポーターを着用していてかかとを地面につけなければ、ほとんど痛みはでてこなくなりました。今後も施術を続けていき、患者さんの状態をお聞きしながら経過観察をし、早期に回復できるように施術をしていきたいと思います。


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop

  • メールでのお問合せはこちら
  • twitter
  • facebook
  • ekiten
  • line