新着情報&ブログ | かわうちはり灸整骨院は太田市、足利市から通える整骨院です。

かわうちはり灸整骨院
  • HOME
  • 当院について
  • 症例集
  • お問合せ
電話番号

ビジネスブログ

2019年05月15日 [詳しい内容]

肩の痛み 前腕の痛み 腕神経叢引き抜き損傷 太田市・足利市かわうちはり灸整骨院

皆様おはようございます。
5月も中旬にさしかかり、ゴールデンウィークから1週間以上経ちお仕事や学校など忙しくなって来た方が多いのではないでしょうか?
そろそろ学生の方や社会人でスポーツをされている方は、大会が始まって来る時期でもあり、怪我が多くなってきます。
怪我でお困りのことがありましたら、ぜひ太田市・足利市かわうちはり灸整骨院にご相談下さい!!!
早速、症例についてご紹介させていただきます。
z
<症例>
栃木県足利市 30歳代 女性
CC(自覚症状):右肩〜右前腕の痛み
PI(原因):介護のお仕事中に
所見:Eaton(+) 頸部 屈曲・左側屈(+)伸展・右側屈・左回旋(−) 握力 右:22kg 左:31kg 右肩を押されているような違和感 右手を力入れるとpain(+)・力が入りづらい
評価:腕神経叢引き抜き症候群
治療法:電気・ハイボルマウス

・Eatonテスト
z

腕神経叢とは?
腕神経叢は第5頚神経〜第1胸神経(C5〜T1)の前枝によって形成しており、C5・C6の前枝は合流して上神経幹、C7の前枝は中神経幹、C8・T1の前枝は下神経幹を形成しています。
各神経幹は前斜角筋・中斜角筋の間(斜角筋隙)より出て、それぞれ浅層と深層に分かれており、上神経幹・中神経幹の浅層は合して外側神経束を、下神経幹の浅層は内側神経束を形成していて、深層は3本が合して後神経束を形成しています。
損傷高位により節前損傷(根引き抜き損傷)と節後損傷に大別され、また、麻痺型により上位型・下位型・全型に分類され、特に一般には全型が多く、下位型は少なく、全型では節前損傷を占める割合が多く、上位型では節後損傷が多いです。
z
この患者さんは、介護のお仕事をしており、利用者さんを車椅子から降ろしたり、乗せたりする動作が多く、利用者さんを移動させる時力を入れた際に右肩〜右前腕に痛みを感じてしまいました。右手に関しては、左と比べると握力が9kgも下がってしまっていて力が入りにくい状態でした。当院では、神経症状に効果的なハイボルテージ(電気)があるので、腕神経叢の通り道になっている局所に電気を当てました。治療後は、握力があ上がり力がはいる状態まで回復しました。
z
現在では、力も入るようになってきており、右肩〜右前腕の痛みも落ちついてきています。今は、痺れはでていなく患部に痛みがまだ残っていることがあるので、ハイボルテージ治療をしながら、神経の興奮を抑え、右手の握力を上げていけるように施術を継続していき、経過観察を続けて、改善していけるように頑張って行きたいと思います。


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop

  • メールでのお問合せはこちら
  • twitter
  • facebook
  • ekiten
  • line