新着情報&ブログ | かわうちはり灸整骨院は太田市、足利市から通える整骨院です。

かわうちはり灸整骨院
  • HOME
  • 当院について
  • 症例集
  • お問合せ
電話番号

ビジネスブログ

2019年04月25日 [詳しい内容]

足の痺れや重だるさ 腓骨神経麻痺 太田市・足利市かわうちはり灸整骨院

皆さん、こんにちは。
暖かい日が続いて来ました。皆さんお体の調子はいかがでしょうか?
本日は神経症状の症例のご紹介をさせて頂きます。

<症例>
群馬県太田市在住 50代 女性
CC:左足の痺れ、重だるさ
PI:思い当たる節がない
所見:ルドルフ徴候(+)(L)外反・背屈MMT3/5
評価:左腓骨神経麻痺
施術法:電気治療・手技療法
↓腓骨神経の図です。足首を上に上げたり、足を外側に返したりする筋肉を支配しています。
z
「腓骨頭」と呼ばれる骨の膨隆部を回り込むように走行しているため、ここで圧迫や損傷などの障害を受けやすくなっています。
足を組んだ際やゴムのきついハイソックスなど外部からの圧迫により神経麻痺を起こす場合もあります。
z
この患者さんはある日、左足が特に何かしたわけでもなく痺れ始めたとの事です。その痺れがだんだんと膝の方にのぼって広がってきたとの事で来院されました。普段、あまり運動をしないとのことで、たまに買い物等で長く歩いたりすると痺れと重だるさが強くなるそうです。
来院当初は、足の神経症状に対してポイントで電気を当てながら、施術を行っていきました。
z
施術後は、痺れと痛みが減少しましたが、次回来院時には、痺れと重だるさが出てしまっていました。電気療法を行いながら、その間、骨盤矯正を入れ下半身の柔軟性や血流改善をしながら、繰り返し施術を行っていきました。繰り返しの施術で痺れと重だるさが段々と減少してきました。
z
現在、来院当初の左足の痺れと重だるさが感じなくなったとの事です。買い物で長時間歩いても痺れや重だるさが出なくなったと喜んでいただきました。骨盤の傾きがあるので、今は週一回、通院していただきながら骨盤を調整し、再発予防に努めています。


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop

  • メールでのお問合せはこちら
  • twitter
  • facebook
  • ekiten
  • line