新着情報&ブログ | かわうちはり灸整骨院は太田市、足利市から通える整骨院です。

かわうちはり灸整骨院
  • HOME
  • 当院について
  • 症例集
  • お問合せ
電話番号

ビジネスブログ

2019年04月24日 [詳しい内容]

膝の痛み 内側半月板 内側側副靭帯 前十字靭帯 不幸の三徴候 太田市・足利市かわうちはり灸整骨院

皆様おはようございます。
4月も残りわずかとなり、今週の土曜日からは長期連休に入る方が多いと思います。
当院は、4月30日・5月1日・2日は、18時30分までですが、診療していますのでお体でお困りのことがありましたら、長期連休中でもご相談下さい!!!
では、早速ですが症例についてご紹介させて頂きます。
<症例>
群馬県太田市在住 10歳代 女性
CC(自覚症状):右膝の痛み。歩いたり・走ったりすると
PI(原因):陸上のやり投げをしていて、地面に膝をついて捻ってしまった
所見:MCL・MM・ACL ➡圧痛(+)腫脹(+) マックマレーテスト(+) 外反ストレステスト(+) 前方引き出しテスト(+)Gait(+) ラックマンテスト(−)
以上の所見から・・・MCL・MM・ACL損傷の疑い
治療法:電気治療・LIPUS治療・冷却超音波・固定(プラスランシーネ)
z
本日の患者さんは、高校で陸上をしており、やり投げの練習中に地面に膝をうって捻ってしまい、痛みがでてしまいました。歩いたり走ったりするにも痛く、当院に来院されました。今回損傷した場所は、膝の内側側副靭帯・内側半月板・前十字靭帯損傷の疑いで、3つ同時に損傷してしまいました。この、3つ同時に損傷してしまうと不幸の三徴候とも言われています。
z
この3つの損傷を起こす原因として多い動作は、ジャンプ着地時・バスケやサッカーなどのクイックターン時などにつま先が外側に向き、膝を内側に捻じった時に受傷しやすくなっていて、膝がガクッとずれた感じがしてしまったり、受傷時に断裂音(ポップ音)が聞こえることがあります。
z
まず、損傷したところに熱感が見られたので冷やしながら超音波治療器をあてて、痛みを沈めていく治療を行いました。
その後、膝の関節を動かしてはいけないので患者さんの状態を聞きながら、固定力のある、プラスランシーネを大腿部〜足関節のリスフラン関節まで固定をしていきました。
z
10日間ほど、この固定をしていき、エコーで再度見たところ経過は良好だったので、サポーターに移行し、現在では、30%位から運動を開始し、リハビリも行えるくらいまで回復してきました。
今後も、経過観察を行っていきながら、リハビリも強化し、再度怪我をしないように治療していき、治癒に努めていきたいと思います。


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop

  • メールでのお問合せはこちら
  • twitter
  • facebook
  • ekiten
  • line