新着情報&ブログ | かわうちはり灸整骨院は太田市、足利市から通える整骨院です。

かわうちはり灸整骨院
  • HOME
  • 当院について
  • 症例集
  • お問合せ
電話番号

ビジネスブログ

2019年04月16日 [詳しい内容]

尺骨神経麻痺 手指の痺れ・痛み 受験勉強 ハイボルテージ治療 太田市・足利市のかわうちはりきゅう整骨院

皆さんこんにちは。本日もブログを更新していきます。
今回ご紹介する症例はこちら↓↓↓
<症例>
群馬県・太田市在住  10歳代女性 右手の痛み痺れを訴え来院
CC(自覚症状):右手の痛み痺れ
PI(原因):勉強量増加→不良姿勢+神経圧迫
所見:小指球筋に圧痛(+)萎縮(+−) 4・5指に痺れ(+) ライトテスト(−) エデンテスト(+) モーリーテスト(+) 肘部管チネル(+)ギヨン管チネル(+) 
握力右3kg・左18kg
※チネルテスト・・・神経の走行部を刺激した時の症状の有無を確認
以上の所見から・・・尺骨神経麻痺(斜角筋・肘部管・ギヨン管)
治療法・・・HVマウス 手技
あ
<尺骨神経の走行>
尺骨神経は腕神経叢の一部として第7頚椎〜第1胸椎から出ていて<斜角筋隙>(前斜角筋と中斜角筋の間)を通り、上腕骨の下端で内後面に周り尺骨神経溝の<肘部管>〜<手根部>のギヨン管を走行して第4・5指へと分布しています。
あ
この女性の場合、斜角筋部・肘部管部・ギヨン管部での神経症状を確認するテストで陽性だったため各部位での障害があると考えられます。
原因としては、受験シーズンのため勉強量が増加し長時間の不良姿勢+筋緊張+机と肘・手根部との神経走行部圧迫、大きく分けて3つの状態が続きこれが原因となり今回の症状を引き起こした思われます。
あ
そして、治療法としてはHVマウスで原因と思われる場所・神経にうったえかけ痺れ・痛みの軽減、手技で筋肉の緊張を取っていき、処置後は痺れ、痛みも少なくなり握力も11kgまで上がりました。初回治療後〜同様の治療を繰り返していき症状も落ち着き、ストレスなく受験日を迎えることができました。
このように各患者さんの背景にも合わせて治療をしていきますので、体の痛み・痺れなどでお悩みの方ぜひ太田市足利市のかわうちはりきゅう整骨院へお越しください!!
・尺骨神経麻痺の手の変形ー鷲手変形(支配神経の筋萎縮)
あ


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop

  • メールでのお問合せはこちら
  • twitter
  • facebook
  • ekiten
  • line