新着情報&ブログ | かわうちはり灸整骨院は太田市、足利市から通える整骨院です。

かわうちはり灸整骨院
  • HOME
  • 当院について
  • 症例集
  • お問合せ
電話番号

ビジネスブログ

2019年04月11日 [詳しい内容]

腰痛 椎間関節・多裂筋損傷 腰椎椎間板ヘルニア 太田市・足利市かわうちはり灸整骨院

皆さんこんにちは。
本日は腰の患者さんの症例をご紹介させていただきます。
<症例>
群馬県太田市在住 30代 女性
CC(自覚症状):腰の痛み
PI(原因):前かがみの姿勢でいる時に子供が後ろからいきなり飛び乗ってきた
所見:右L2/3椎間関節にTenderness(+) 左右大腿部外側に痺れ(+) FNS test(-)
    左右kemp test(±)
評価:右L2/3椎間関節・多裂筋損傷 右L2腰椎椎間板ヘルニアの疑い
治療法:電気治療・手技療法

この患者さんは、重たい物を荷降ろししたり、それを運んだりする仕事で普段から腰に負担がかかっていました。そんな時、自宅にいる際に前かがみの姿勢になっていた時に不意に後ろからお子さんが飛び乗ってきてしまい、腰を痛めました。最初に違う整骨院にも行ったそうですが、痛みがあまり引かず、当院に来院されました。家にいる時も横になっているのもしんどかったそうで、来院時も痛みのせいで腰をあまり動かさないようにゆっくりした足並みで来院されました。
z
治療は、電気で痛みを抑え、手技で腰の動きを出すように行っていきました。施術後は、腰の痛みが半分以下まで減少し、痛みをあまり気にせず、腰が動かせるようになりました。次の日、経過を聞くと夕方に痛みが出て来て、朝起きる際に痛みがあったそうです。
z
治療を続け、今は朝起きる際に痛みがあるとのことですが、痛みは1番痛かった時を10とすると2くらいとのことで大分、経過が良くなってきました。
今後は、元々体の柔軟性がないため、体の柔軟性をつけるようにストレッチが含まれている骨盤矯正を行い、さらに症状改善、再発予防を行っていきます。
z


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop

  • メールでのお問合せはこちら
  • twitter
  • facebook
  • ekiten
  • line