新着情報&ブログ | かわうちはり灸整骨院は太田市、足利市から通える整骨院です。

かわうちはり灸整骨院
  • HOME
  • 当院について
  • 症例集
  • お問合せ
電話番号

ビジネスブログ

2019年02月26日 [詳しい内容]

臀部から大腿部にかけての痛み  梨状筋症候群  骨盤矯正  楽トレ  太田市・足利市のかわうちはり灸整骨院

本日もブログを更新していきます。
今回紹介する症例は「梨状筋症候群」についてです。よく言われる坐骨神経痛で、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか!?
<症例>
栃木県・足利市在住  30歳代男性  
CC(自覚症状):左臀部~大腿後面の痛み
PI(原因):仕事で重量物を持つことが多く、その際左臀部で踏ん張る
PH(既往歴):L4/5 S1/L5 椎間関節性腰痛
所見:左臀部~大腿後面外側(デルマトームS1領域)圧痛(+) 痺れ(-) 荷重痛(+) 座位→立位(+) 肉離れ(-)
SLR(−)
以上のことから・・・梨状筋症候群
あ
治療法・・・電気治療 手技 HVマウス(ハイボルテージ治療)  骨盤矯正
この男性は以前腰痛で受診してから治療を継続していて、その際、骨盤矯正などでストレッチをかけ柔軟性を確認したところ、特に臀筋・ハムストリングの柔軟性が低く、仕事上の姿勢・内容的にも腰部・臀部に負担がかかる事が多く腰痛+今回の症状が出てしまったと考えられる。
治療法としては、電気治療を行った後、両下肢(下半身)の筋肉を中心に緩める手技(腰回りの負担を減らすため)と、今回の症状に関連する神経・筋肉にハイボルテージ治療をした結果臀部からの痛みは軽減し、荷重痛(−)座位→立位(−)になりました。ですが、仕事をしてしまうと負担がかかり症状が出てしまうので、柔軟性の向上を目的とした骨盤矯正を週一回行い、ストレッチ指導も行いました。
現在は、以前もブログ内で紹介したことのある楽トレ+骨盤矯正を治療の1つとして用いて、楽トレでインナーマッスルを強化することで腰回り・骨盤の安定性や良姿勢の維持力を向上させ更に骨盤矯正をすることで仕事のときでも負担のかかりにくい体を作っています!!
梨状筋・臀筋ストレッチ⬇あ
楽トレの様子は下記URLにて⬇⬇(youtube)
https://www.youtube.com/watch?v=02tpdIkbOlQ


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop

  • メールでのお問合せはこちら
  • twitter
  • facebook
  • ekiten
  • line