新着情報&ブログ | かわうちはり灸整骨院は太田市、足利市から通える整骨院です。

かわうちはり灸整骨院
  • HOME
  • 当院について
  • 症例集
  • お問合せ
  • お役立ち情報

ビジネスブログ

2019年02月25日 [詳しい内容]

首 肩の痛み 肩甲上神経痛

こんにちは、本日も症例を紹介させていただきます。

〈症例〉
群馬県太田市在住 30代 男性 頚部の痛みを訴え来院
CC(自覚症状):左頚部の痛み
PI(原因):仕事でずっと下を向いたり無理な姿勢が多かった
所見:頚部 屈曲(+)右回旋(+)左回旋(+)
   jackson test(−)spurling test(−)
   棘上筋、棘下筋 圧痛(+)
評価:肩甲上神経痛

この患者さんは、仕事上前かがみの姿勢や上を向いた姿勢で作業をすることが多く、首や肩の筋肉の緊張が強く常に負担を感じていました。
首の神経が障害されているか検査するjackson testやspurling testは陰性でしたが、頭を前に倒したり(屈曲)左右を振り返る(回旋)と首の左側から肩甲骨にかけて痛みがあり、肩甲上神経の支配である棘上筋と棘下筋に圧痛がありました。
z
治療法:ハイボルテージによる電気療法で神経の痛みを抑えていき、緊張し神経を圧迫してしまっている首や肩の筋肉に対しては手技療法を行い筋肉の緊張を和らげました。
z
2回目に来院の際は痛みは最初の半分以下に落ち着いていた為、上半身のストレッチにてリハビリを行いました。
肩甲上神経痛は、首、肩の筋肉の緊張が強かったり猫背などの不良姿勢により神経を圧迫してしまう事が原因となる為、当院では猫背矯正というメニューを用いて上半身のストレッチを行い負担がかかりにくい正しい姿勢へと改善させていきます。
z
これからはリハビリが中心となり、週に1〜2回程度通院していただきながら姿勢改善、再発予防を目的に行っていきます。




  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop

  • メールでのお問合せはこちら
  • twitter
  • facebook
  • ekiten
  • line