新着情報&ブログ | かわうちはり灸整骨院は太田市、足利市から通える整骨院です。

かわうちはり灸整骨院
  • HOME
  • 当院について
  • 症例集
  • お問合せ
電話番号

ビジネスブログ

2019年02月21日 [詳しい内容]

肩・肘の痛み 結節間溝炎、AOL損傷 太田市・足利市かわうちはり灸整骨院

みなさん、こんにちは!
本日も症例について説明していきます。
<症例>
栃木県足利市在住 30代 男性 肘、肩の痛みを訴え来院
CC(自覚症状):左肘、左肩の痛み
PI(原因):重い物を持った際に
Ph(既往歴):なし
所見:Tenderness(圧痛):LHB(上腕二頭筋長頭腱),結節間溝,AOL(内側側副靱帯、前斜走線維),painful arc sign(-),speed test(-),外反ストレスtest(+)
評価:左結節間溝炎、AOL損傷の疑い
治療法:電気療法・手技療法・LIPUS治療・鍼治療

結節間溝炎の場所です(赤丸部分)⬇
z

肘の内側の靱帯、AOLの場所です(赤丸部分)⬇
z

この男性はお仕事で毎日、重い物を持ち上げる仕事をしています。また趣味でボルダリングをしており、腕や肩には常日頃から負担がかかっていました。今回、重い物を持った際に肘と肩を痛め、来院されました。来院当初は、腕の筋肉の緊張が強く、本人も腕や肘、肩の痛みと筋肉の張り感を訴えていました。お仕事の都合上、毎日の通院は難しく、週に1,2日になってしまうため、治療では電気治療、手技に加え、鍼治療を行い治療効果の継続を高め、また通院出来ない日のケアは腕のセルフストレッチを行ってもらうようにしました。

鍼治療の様子⬇⬇
z
継続的に通院をしていただいて、今は肘と肩の痛み、筋肉の張り感は減り、お仕事や日常生活でも気にならなくなってきました。お仕事では、無理な体勢や動作を強いられることが多々あると思います。肘や肩の痛みがある方や、体の痛みが気になる方は太田市かわうちはり灸整骨院にご来院下さい。


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop

  • メールでのお問合せはこちら
  • twitter
  • facebook
  • ekiten
  • line