新着情報&ブログ | かわうちはり灸整骨院は太田市、足利市から通える整骨院です。

かわうちはり灸整骨院
  • HOME
  • 当院について
  • 症例集
  • お問合せ
電話番号

ビジネスブログ

2019年02月18日 [詳しい内容]

手指の痛み 突き指

こんにちは、本日も症例について說明させていただきます。

<症例>
群馬県太田市在住 10代男性 右手指の痛みを訴え来院
CC(自覚症状):右手薬指の痛み
PI(原因):弟とぶつかった際に負傷
PH(既往歴):無し
所見:右手第4指MP関節、PIP関節、DIP関節 屈曲(+) 伸展(+)
   MP関節、PIP関節 圧痛(+) 腫脹(+) 叩打(+−) 振動(−)
評価:右手第4指PIP、MP関節靭帯損傷、屈筋腱同時受傷
z

z
右手薬指の関節と指を曲げる筋肉である屈筋腱を損傷してしまった為、指を曲げたり(屈曲)伸ばしたり(伸展)すると痛みがあり、炎症症状の腫れや熱感もありました。

関節や靭帯、骨を損傷してしまった場合、その部分を動かしてしまうと状態を悪化させてしまったり治癒を遅らせる原因となってしまいます。
その為、早期に正しい姿勢で動きを制限する「固定」が重要になります。

この患者さんに対しては、プラスランギプスを使い固定を行いました。
z
z
指の筋肉と関節の動きを制限させる為、手首から指を覆うように形を合わせて包帯にて固定、1週間〜10日程度この状態で安静を保っていきます。
z
この固定は取り外し可能な為、怪我の状態を確認しながら治療を行えます。
治療の際は超音波治療機を当てながら回復を早め、固定が外れた後は落ちてしまった筋力や動きが悪くなってしまった関節に対してリハビリを行い元の状態へと回復させていきます。



  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop

  • メールでのお問合せはこちら
  • twitter
  • facebook
  • ekiten
  • line