新着情報&ブログ | かわうちはり灸整骨院は太田市、足利市から通える整骨院です。

かわうちはり灸整骨院
  • HOME
  • 当院について
  • 症例集
  • お問合せ
  • お役立ち情報

ビジネスブログ

2019年01月08日 [詳しい内容]

手指の痛みや痺れ ギヨン管症候群

本日、太田市かわうちはり灸整骨院では、腕の神経について說明させていただきます。

尺骨神経:頚椎から出た神経の束である腕神経叢から分かれて、上腕、前腕と下に下がるように伸びていった後、手の指まで至ります。
この尺骨神経は、肘の内側で皮膚のすぐ下で触れることができるため、ぶつけてしまった際などは肘から指先まで電気が走るような痺れが出てしまいます。
支配としては、手首を曲げる筋肉の一部や手の筋肉の一部を動かす役割をしており、器用さを求められる手にとっては重要な役割をしています。
z

尺骨神経は、手首のあたりを通る際に尺骨神経管またはギヨン管と呼ばれるトンネルを通っていきます。
尺骨神経管(ギヨン管)は骨や靭帯に囲まれて狭いトンネルとなっておりこの中を通る尺骨神経は圧迫などの障害を受けやすくなっています。 
z
z
症状としては薬指と小指に痛みや痺れ、指の関節が曲がったままになってしまう「鷲手」と呼ばれる変形を起こしてしまう場合もあり、箸を使う、ボタンをかけるといった繊細な動きを求められる指にとっては大きな障害が出てしまいます。
このような障害を「ギヨン管症候群」といいます。
z
原因としては、ゴルフや自転車など手首を酷使するようなスポーツでは神経が圧迫を受けやすくなっており、また骨折などの怪我により骨が変形を起こしてしまいその結果神経を圧迫し症状が出てしまうこともあります。

太田市かわうちはり灸整骨院では、患者さんの状態に合わせて手技や鍼、電気、姿勢矯正等を行っていきます。
例えば、原因があるところに直接電気を当てることにより痛みや痺れを抑えていくハイボルテージによる電気療法も行っていきます。
z
スポーツや仕事で腕を使い過ぎていて、腕の筋肉の緊張で神経が圧迫されて症状が出てしまっている事もあります。
腕の筋肉の緊張が負担になって症状が出てしまっている時は、腕の筋肉に鍼を打ち筋肉の緊張を取り、症状を改善していきます。
z

腕や指の痛みや痺れでお困りの方、太田市かわうちはり整骨院にご相談ください。
また、年末年始ずっとお仕事だった方や年始で久しぶりに仕事やスポーツで体を動かす方もいると思います。そういった時は体に負担がかかりやすいので、体の不調が出てしまった方はぜひ太田市かわうちはり灸整骨院にご来院ください。






  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop

  • メールでのお問合せはこちら
  • twitter
  • facebook
  • ekiten
  • line