新着情報&ブログ | かわうちはり灸整骨院は太田市、足利市から通える整骨院です。

かわうちはり灸整骨院
  • HOME
  • 当院について
  • 症例集
  • お問合せ
  • お役立ち情報

ビジネスブログ

2018年12月18日 [詳しい内容]

外側大腿皮神経痛 太ももの痛みや痺れ

本日、太田市かわうちはり灸整骨院では、太ももの神経について説明させていただきます。

外側大腿皮神経:第12胸椎から第4腰神経の前肢で構成されている腰神経叢から分岐し、鼠径靭帯と呼ばれる靭帯の下を通ったあとに太ももの外側の感覚を支配しています。
感覚のみの支配のため、筋肉など運動の支配はしていません。
z

外側大腿皮神経は鼠径靭帯の下のトンネル部分を通っていきますが、同じくその下を通るものとしては腸腰筋という筋肉、大腿神経、大腿動静脈のような太い神経や血管などが通っていきます。
鼠径靭帯とは足のつけ根部分にあり、足のつけ根を鼠径部と呼びます。

z
この鼠径部を何らかの原因で圧迫してしまうと、外側大腿皮神経の支配領域である太ももの外側に、痛みや痺れなどの感覚異常が出てきてしまいます。
原因としては、肥満、妊娠、コルセットやベルトをきつく締めすぎてしまうことなどです。
また、長時間の座位の姿勢や運動不足により鼠径部周辺の筋肉が硬くなることにより神経を圧迫してしまい症状が出てしまう場合もあります。

太田市かわうちはり灸整骨院では、外側大腿皮神経痛に対して、手技や電気、鍼、矯正等を行って治療を行っていきます。
z
外側大腿皮神経痛の原因として、長時間の座位の姿勢や運動不足、肥満、鼠径部部分の圧迫や骨盤周りの傾き等が原因となってきますので、電気でお腹の筋肉を鍛えながら、シェイプアップをして骨盤矯正で骨盤周りや足のストレッチを行い、骨盤周りの傾きを治して治療を行っていきます。
z

ただ、同じような症状が出ていても、患者さん1人1人によって原因が違う場合であったり、生活背景が違ったりするので最初にしっかり問診を行い、患者さんを理解してその患者さんに合わせてベストな治療を行っています。
太ももの痛みや痺れでお困りの方、身体の痛みでお困りの方、太田市かわうちはり灸整骨院にご相談ください。



  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop

  • メールでのお問合せはこちら
  • twitter
  • facebook
  • ekiten
  • line