新着情報&ブログ | かわうちはり灸整骨院は太田市、足利市から通える整骨院です。

かわうちはり灸整骨院
  • HOME
  • 当院について
  • 症例集
  • お問合せ
  • お役立ち情報

ビジネスブログ

2018年10月30日 [詳しい内容]

肩の重だるさや脱力感 肩甲上神経麻痺

本日、太田市かわうちはり灸整骨院では肩の神経について説明させていただきます。

肩甲上神経:頚椎から出る神経の束である腕神経叢から分岐し、肩甲骨の肩甲切痕というくぼみの間を通り、肩甲骨の背面へと向かいます。
棘下筋、棘上筋という肩の安定性に関わるインナーマッスルを支配しています。
z

棘上筋は腕を横に挙げるような動作の際に働き、棘下筋は腕を広げるような動作の際に働きますが、肩の関節においては上腕骨を肩甲骨に強く固定させる役割があり、肩関節はこういった肩の筋肉に支えられて安定性を保っているため、肩関節の安定に非常に重要な筋肉となっています。
z
肩甲上神経は、肩甲骨のくぼみの間を通る為そこにガングリオンなどの腫瘤ができると神経が圧迫され麻痺を起こしてしまいます。
また、仕事などで腕をよく使う方や野球やテニス、バレーボールなど腕を上に挙げ大きく振るような動作を繰り返すスポーツでは、肩甲上神経の周りの筋肉が緊張してしまい圧迫や引っ張られるなどの障害が起きてしまいます。

肩甲上神経に障害が起きると肩甲骨あたりに痛みや痺れなどを感じる場合があります。
また、持続的に神経が障害を受けていると支配されている筋肉の筋力は落ちていってしまいます。これを「萎縮」といい、棘上筋と棘下筋が萎縮してしまうと肩の重だるさや脱力感、スポーツや日常生活では不安感や違和感などを感じる方もいます。具体的な症状としては、棘上筋や棘下筋の作用の腕を上げる動作や、腕を外に広げる動作の力が弱くなるなどの、肩の動作の力の入りにくさがでてきます。

太田市かわうちはり灸整骨院では、手技、電気、矯正、鍼等を行いながら、治療を行っていきます。同じ疾患でも1人1人の患者さんによって、生活背景や原因も変わってきます。その患者さんに合わせて治療内容を考え、治療を行っています。
手技や鍼を使って首肩周りの筋肉の緊張を取り、神経の負担を減らしていきます。。
z
z
姿勢が原因になってくる方に対しては、猫背矯正を行い姿勢改善をして治療をしていきます。
z

肩周りの痛みが気になる方はぜひ太田市かわうちはり灸整骨院にご相談ください。




  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop

  • メールでのお問合せはこちら
  • twitter
  • facebook
  • ekiten
  • line