新着情報&ブログ | かわうちはり灸整骨院は太田市、足利市から通える整骨院です。

かわうちはり灸整骨院
  • HOME
  • 当院について
  • 症例集
  • お問合せ
  • お役立ち情報

ビジネスブログ

2018年10月23日 [詳しい内容]

小指や薬指の痺れ 肘部管症候群

太田市かわうちはり灸整骨院では、本日、腕の神経について説明させていただきます。

尺骨神経:頚椎から出た神経の束である腕神経叢から分岐し、上腕骨を通りながら下行し指先まで伸びていきます。
この神経は肘の内側のあたりで皮膚の直下に触れることが出来る為、肘の内側をぶつけてしまった際には指先まで痺れるような痛みが出ます。何度か心当たりがある方もいるのではないでしょうか?
尺骨神経の支配領域としては、手首を曲げる筋肉の一部や、手の中筋肉の一部を支配しており、巧緻性を求められる指にとっては重要な役割をしています。
z
そして、尺骨神経は、肘部管と呼ばれる骨や靭帯で形成されたトンネルの中を通っていきます。
トンネルの中は狭くなっていてここで慢性的に圧迫や牽引などの外力を受けてしまうと、神経は麻痺を起こしてしまいます。症状としては尺骨神経の支配領域である小指や薬指に痺れなどです。また、徐々に支配されている筋肉は痩せてきたり、筋力低下を起こす場合もあり、その場合手を開いたり閉じたりといった運動が困難になってきてしまいます。
主に大工や工場などの仕事による肘の長時間酷使が原因となることが多いです。また、野球や柔道、幼少期の骨折、交通事故による外傷、ガングリオンと呼ばれる腫瘤などが原因となることもあります。
このような障害は「肘部管症候群」と呼ばれています。
z
太田市かわうちはり灸整骨院では、患者さんの状態に合わせて、手技や電気、肘周りの緊張してしまっている筋肉に対して、鍼を使って緊張を取り治療を行ったりもします。
z
日常の連続的な負荷が原因になってくるので、負荷がかかる動作を避けたり、運動を控えたりすることが効果的です。しかし、腕を使うお仕事の方は負荷がかかる動作を避けるというのはなかなか難しいと思います。そういった方はぜひ太田市かわうちはり灸整骨院にご来院ください。お仕事をしながらでも症状の改善ができるよう、治療を行っていきます。
肘部管症候群が長時間継続してくると、箸を持ちづらい、ボタンをかけにくくなる、顔を洗う時に水を手に貯められないなど、日常生活に必要な動作がしにくくなり、日常生活に支障がでてくることがあります。そして治療が早いほど、治りも早くなってきます。小指や薬指の痺れや肘周りの痛みや痺れなどでお困りの方はぜひご相談ください。

太田市かわうちはり灸整骨院
0284-64-9605


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop

  • メールでのお問合せはこちら
  • twitter
  • facebook
  • ekiten
  • line