新着情報&ブログ | かわうちはり灸整骨院は太田市、足利市から通える整骨院です。

かわうちはり灸整骨院
  • HOME
  • 当院について
  • 症例集
  • お問合せ
  • お役立ち情報

ビジネスブログ

2018年10月16日 [詳しい内容]

首や肩、背中の痛み 長胸神経麻痺 太田市、足利市 整骨院

本日、太田市かわうちはり灸整骨院では肩の神経について説明させていただきます。

長胸神経:第5頚神経〜第1胸神経の前枝によって構成される腕神経叢から分岐し、前鋸筋を支配します。

前鋸筋は、第1肋骨〜第9肋骨から始まり、肋骨と肩甲骨の間を通り肩甲骨の内側に付着しており、筋の形が鋸状を呈している為この名前がついたとされています。
作用としては、肩甲骨を前方に引きます。日常の生活でいえば前にある物を取ろうとして腕を前に伸ばした時などに使います。腕を伸ばす時に使われる筋肉なので、ボクサーがよく発達する傾向があります。
z

長胸神経は、腕を急激に振り抜くような野球やゴルフのスウィング、テニスのサーブなどが原因となり損傷する場合やリュックサックなどを肩にかけた際にその重みで神経が圧迫、損傷される場合もあります。
また、日常生活や仕事での猫背などの不良姿勢も神経を圧迫する原因となります。
症状が軽い場合は肩の後ろや肩甲骨がヒリヒリ痛む程度ですが、症状が重くなってきた場合、その支配を受けている前鋸筋は麻痺や萎縮を起こし筋の機能を果たせない為、肩は正しい動きをすることが出来なくなってしまいます。そして、壁に手をついた際に肩甲骨が浮き出てしまいます。これを「翼状肩甲」といいます。正常の場合は、壁を押さえようとすると肩甲骨が肋骨周り(胸郭)を滑るように移動しますが、異常がある場合は肩甲骨が天使の羽のようになります。
z
長胸神経麻痺はスポーツや日常的な動きや姿勢が原因であればその原因となっている動きを避けることが重要です。ただ仕事の姿勢が原因の場合はなかなかその姿勢をしないようにするのは難しいと思います。太田市かわうちはり灸整骨院では一人一人の患者さんの状態に合わせて手技、鍼や猫背矯正を行いながら、首や肩、背中の傾きを整えて症状の改善を行っていきます。
z
z
日頃、長時間同じ体勢で仕事をしたりする方や腕を酷使する方で首や肩、背中の痛みが気になる方、腕が上がらない、肩甲骨の動きが悪いといった方も太田市かわうちはり灸整骨院へご相談ください。

太田市かわうちはり灸整骨院
0284-64-9605





  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop

  • メールでのお問合せはこちら
  • twitter
  • facebook
  • ekiten
  • line