新着情報&ブログ | かわうちはり灸整骨院は太田市、足利市から通える整骨院です。

かわうちはり灸整骨院
  • HOME
  • 当院について
  • 症例集
  • お問合せ
  • お役立ち情報

ビジネスブログ

2018年09月22日 [詳しい内容]

スポーツによる膝の内側の痛み 太田市、足利市整骨院の治療方針

皆様おはようございます。
本日は、雨で天候が悪く皆様の体調の方はいかがでしょうか?
雨で気圧が低くなってきているので、頭痛など体が重だるく感じる方がいると思います。
そんな時は、ぜひ足利市・太田市のかわうちはり灸整骨院にお任せ下さい!!
足利市・太田市のかわうちはり灸整骨院にご来院される方は、お気をつけてお越しください。

本日は、縫工筋・薄筋・半腱様筋についてご紹介させて頂きます。

(縫工筋)
<起始>
上前腸骨棘
<停止>
脛骨粗面内側部
<支配神経>
大腿神経
<作用>
股関節の屈曲・外転・外旋・膝関節の屈曲・内旋
あ
(薄筋)
<起始>
恥骨下枝前面
<停止>
脛骨粗面の内側部
<支配神経>
閉鎖神経
<作用>
股関節の内転・また下腿を屈曲し、やや内旋
w
(半腱様筋)
<起始>
坐骨結節
<停止>
脛骨粗面内側部
<支配神経>
坐骨神経(脛骨神経部)
<作用>
股関節の伸展、膝関節の屈曲と内旋
あ
縫工筋は、大腿前面の最も浅層にある筋肉で、上前腸骨棘から起始しており停止は、脛骨粗面内側部(脛骨の上方内側)に付着しています。
作用は、股関節を曲げる動きで日常生活動作では階段を上がる時や、あぐらをかくときに作用し特徴としては、細長い筋肉でもあり、筋の力は比較的に弱く、歩行時の膝関節の安定に役立つと言われています。

薄筋は、恥骨の前側から起始しており、脛骨粗面の内側部(脛骨の上方内側)に停止しています。
作用は、股関節を内側にする動きや下腿を屈曲(膝から下を曲げる)動きなどに関与しております。

3つ目、半腱様筋は坐骨結節(座った時にあたる骨)から起始しており、脛骨粗面内側部(脛骨の上方内側)に停止しています。
作用は、股関節伸展(股関節を後ろに伸ばす)や、膝関節を曲げたり内側に回旋する動きに関与しております
この3つの筋肉は、脛骨粗面内側部(脛骨の上方内側)に停止しており鵞足と言われ、膝関節の内側を補強しており、ここを損傷する動作は、ランニングやダッシュ動作が多いスポーツ選手によく見受けられます。また、2関節筋と言われており股関節と膝関節をまたいで筋肉が付着して作用などが少し複雑だったり、他の筋肉と比べ作用が多いことも特徴の一つです。

以上のような特徴があるため、この3つの筋肉の柔軟性の向上・ケアが大切になり、不十分だとパフォーマンスが落ちたり、筋の緊張や使いすぎにより付着部周辺の炎症が起き次のような疾患につながることもあります。
 
l
<鵞足炎>
先程、説明に上げた筋肉の付着部分の鵞足に炎症が起き膝関節の内側の痛み、大腿部にまでかけた痛みが生じることを鵞足炎と言いい、
陸上(長距離)・サッカーなど長い距離・時間を走ることの多い人に好発します。原因としては、使いすぎ・筋の柔軟性低下、ウォーミングアップ不足があり、他にはニーイン・トゥーアウト(X脚)や固い地面を走ることが多いなども原因になります。
先日、当院を来院し鵞足炎と診断した患者さんを紹介します。

<症例>
群馬県太田市在住・十才代女性
・膝の痛み訴え来院    普段から陸上をしていて練習で走った後痛くなったという。
・鵞足部に圧痛・腫脹(+) 運動痛(+)
陸上をやっている女の子で、最近は体育祭の練習と陸上の練習が重なって走ることが多くなっていた様子で、大腿前面の筋肉の緊張がみられた。今回は筋の柔軟性低下・使いすぎにより発症したと思われる。
当院の治療としては、患部lipus(超音波)、手技(大腿部前面の筋肉を緩め、内転筋をリリース)、ストレッチ指導を行いました。
今後も手技で緊張をとり、ストレッチにより筋肉の柔軟性を向上させ症状の緩和・悪化を防いでいく方針です!!
ストレッチ方法↓↓
い
k
膝内側の痛みでお悩みの方は足利市・太田市のかわうちはり灸整骨院へご来院ください!!


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop

  • メールでのお問合せはこちら
  • twitter
  • facebook
  • ekiten
  • line