新着情報&ブログ | かわうちはり灸整骨院は太田市、足利市から通える整骨院です。

かわうちはり灸整骨院
  • HOME
  • 当院について
  • 症例集
  • お問合せ
  • お役立ち情報

ビジネスブログ

2018年08月20日 [詳しい内容]

腰から足先にかけての痛みや痺れについて

本日は、殿部の神経について説明させていただきます。

坐骨神経:第4腰神経〜第3仙骨神経の前枝により構成される仙骨神経叢から分岐し
     股関節を後ろへ伸ばしたり、膝を曲げる筋肉である大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋
     また、内転筋の一部を支配しています。
     人体のなかで最も大きな末梢神経であり、膝裏の上あたりで分岐していきます。
z
z

坐骨神経は様々な理由で障害されやすく、殿部から足先までつながっている為この範囲で痛みや痺れなどが起きてしまいます。
障害を受ける例としては、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、変形性腰椎症など脊椎に障害がある場合や、
z
また、この様に坐骨神経は殿部の筋肉のなかを通るため、殿部の筋肉の緊張が強かったり姿勢が悪かったりすると神経が圧迫され障害が起きる場合もあります。

当院では、ハイボルテージによる電気療法や、鍼灸、手技を行い痛みや痺れを軽減させ、姿勢不良や下半身の筋緊張に対しては骨盤矯正、身体を支える筋肉であるインナーマッスルを寝たまま鍛えることができる楽トレなど様々な治療法があります。
z

お悩みの方はお気軽にご相談してください。


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop

  • メールでのお問合せはこちら
  • twitter
  • facebook
  • ekiten
  • line