新着情報&ブログ | かわうちはり灸整骨院は太田市、足利市から通える整骨院です。

かわうちはり灸整骨院
  • HOME
  • 当院について
  • 症例集
  • お問合せ
  • お役立ち情報

ビジネスブログ

2018年05月30日 [詳しい内容]

足の内側の痛み(シンスプリント)

今回は後脛骨筋の紹介です。
え
<起始>
   脛骨後面
<停止>
   舟状骨・楔状骨・立方骨・2〜4中足骨
<作用>
   底屈・内反
<支配神経>
   脛骨神経
後脛骨筋は、下腿部後面の深層部にアツ筋肉で足関節を内側・下方に曲げる作用があり、日常生活ではつま先立ちする動作などで働き、スポーツではランニング・ダッシュ・ジャンプなど多くの動作で働きます。
そのため、どのスポーツもそうですが、特にこのような動作が多いスポーツ(バスケ・陸上)をやっている人はこの筋肉を痛めたり、関連した疾患になる可能性があります。
例えば、「シンスプリント」。この疾患は聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?
シンスプリントとは、先程言ったスポーツ動作を繰り返し行っていると下腿内側の骨に刺激が加わり、炎症が起こるため運動をしているときに痛みを感じるようになります。
最初は軽い痛みだと我慢して治療せずに運動を続けていると骨自体に傷が付き、強い痛みのためランニングやジャンプなどのスポーツ動作ができなくなり長い間運動を中止せざるおえないこともあるので、違和感・痛みを感じたら無理はせず休ませ治療をすることも大事です。
なので、このようなことにならないように後脛骨筋やその周りの筋肉の柔軟性・筋力を上げていき予防をしていきましょう。
また、回内足や扁平足も発症する原因になることがあるのでタオルギャザー(足の指で掴む運動)などでしっかりアーチをつくってあげることも重要です。
なぜなるのか・・・
回内足:足関節が外側に傾いているため後脛骨筋がずっと緊張しているため、繰り返しのスポーツ動さで発症
扁平足:縦・横アーチがうまく機能しなく衝撃を吸収できないため発症
お


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • PageTop

    • メールでのお問合せはこちら
    • twitter
    • facebook
    • ekiten
    • line