新着情報&ブログ | かわうちはり灸整骨院は太田市、足利市から通える整骨院です。

かわうちはり灸整骨院
  • HOME
  • 当院について
  • 症例集
  • お問合せ
  • お役立ち情報

ビジネスブログ

2018年03月20日 [詳しい内容]

腹筋が痛い患者さん 腰の深い所にある筋肉について 

本日の患者さんは足利市在住の高校生です。

テニスにて勢い良くサーブを打とうとした際に腹部が痛くなり

その後、体幹を曲げ伸ばしする際に痛みが出ているために来院されました。

以前にもテニスをしていて同じような症状が出て整形外科、接骨院に通院していたことがあるそうです。



症状) 腹直筋

    Tenderness(+) Swelling(+) 体幹 屈曲(+)伸展(+)

    Starting pain(+)

処置)ハイボルテージによる電気療法 アイシング 超音波 キネシオテープ



1



腹直筋とは収縮すると体幹が屈曲され、体幹が伸展されるとストレッチされます。

こちらの患者さんはテニスのサーブの際に腹部に急激な収縮・伸張が加わったことにより

腹部を挫傷してしまいました。

挫傷してしまった患部は同じ筋肉の組織で治るわけではなく接着剤がくっつけるように修復されていきます。

その為、キチンと治さないとその部分が脆弱化してしまうため繰り返し痛めてしまうようになってしまいます。

患者さんには1〜2週間の間はサーブを打つことを禁止するように指導をして

患部は炎症が起きて熱を持っていたので、アイシングをしました。

普段はキネシオテープをして患部が伸張されないようにします。

スポーツなどで痛みが長く続いているかたはご相談して下さい。





ここからは筋肉の説明をさせていただきます。

今回は「腰方形筋」についてです。

腰回りに存在する筋肉で、体幹の深層筋(インナーマッスル)の1つでもあります。



第12肋骨・L1〜4(または3)の肋骨突起から起始し、腸骨稜に停止しています。

腰椎の側屈・伸展

第12肋骨の引き下げ

横隔膜の補助として呼吸

に作用し、腰神経叢によって支配されています。


1

身体の筋肉には、アウターマッスルとインナーマッスルの2つがあります。

アウターマッスルは身体を大きく動かしたり、瞬発的に動かしたり力をいれたりする役割があり、

インナーマッスルは体幹の安定性を保ち、身体を支える役割があります。

そのため、インナーマッスルが弱くなったり上手く使えていないと、

安定性がなくなり姿勢がくずれ、腰痛やケガの原因となります。

腰痛には様々な筋肉が関係していますが、

今回は腰方形筋が原因の腰痛について話していきます。



特徴は、       

腰部の深層にピンポイントの痛みがある

片側の痛みの場合が多い

呼吸が浅くなりやすい

などがあります。



原因は、          

上半身を不自然に動かした

運動中にバランスを崩した

体幹を捻る動作が多い

などがあります。



インナーマッスルは他にも、                

多裂筋・腹横筋・腸腰筋・骨盤底筋群など、いくつかあります。

自分で意識的に動かしたり、鍛えることが難しい筋肉なので、

当院にある楽トレを使って鍛えることをオススメしています。

ご自分で出来るストレッチやトレーニング方法などもありますので、

何かありましたらご相談して下さい。






  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop

  • メールでのお問合せはこちら
  • twitter
  • facebook
  • ekiten
  • line