新着情報&ブログ | かわうちはり灸整骨院は太田市、足利市から通える整骨院です。

かわうちはり灸整骨院
  • HOME
  • 当院について
  • 症例集
  • お問合せ
  • お役立ち情報

ビジネスブログ

2018年03月20日 [詳しい内容]

陸上をしている子に多い腓骨筋腱炎と肩関節のインナーマッスルについて 

本日の患者さんは太田市在住の小学生の方です。

学校にて持久走大会の練習中で走っている際に足の外側が痛くなってきて

様子を見ていても痛みが引かないということで来院されました。



所見)第五中足骨粗面 

   圧痛(+) 腫脹(+) 運動痛(+) Gaitpain(+)



処置)ハイボルテージによる電気療法 LIPUS(超音波) 手技療法 キネシオテープ

1

腓骨筋とは下腿の外側から足関節まで走る筋肉です。中でも長腓骨筋 短腓骨筋 第三腓骨筋に分類されます。

この筋肉の役割は足関節の外反 背屈など走ることやジャンプすることに大きく関わっていきます。

また、足首の捻挫をしてしまった時にこの筋肉を鍛えて足首の安定性を高めることもあります。

今回の患者さんは持久走にて急激に走ることが増えてきたので筋肉に負担がかかり

痛みが出てきてしまいました。

治療の内容は原因の筋肉を電気療法 手技療法で緩め、超音波にて炎症を減らしていきます。

その後キネシオテープを処方しました。

このような症例を放っておいていると悪くなってしまうと疲労骨折といった疾患まで繋がってしまい

長期の休みが必要となってしまうので注意が必要です。





ここからは、棘下筋について説明させていただきます。

背部にある筋肉で、肩甲骨の表面に付いています。

棘下窩から起始して、上腕骨の大結節に停止し、

肩甲上神経によって支配されています。

主に上腕の外旋に作用しますが、

肩関節の後方の安定性にとって重要な役割をしています。

肩関節の安定性を保つ働きをしている筋肉群、

ローテーターカフ(棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋)の1つで、

肩関節の外旋筋の中では最も強力な筋肉と言われています。

棘上筋についで2番目に損傷を受けやすい筋肉とも言われています。


1


日常生活では腕を外側に振る動作に関与していて、

スポーツではテニスのバックハンドの動作や投球動作で

腕にブレーキをかけることなどに関与しています。

この筋肉が弱くなると肩関節の安定性が保てなくなるので、

上腕骨骨頭が上方や前方にズレやすくなってしまいます。(肩関節不安定症)

肩関節が不安定になると、肩甲上神経障害で筋委縮が起こることがあります。

症状としては、腕を上げる動作や外に広げる動作(外旋)の力が弱くなるなど

動作の力の入りにくさが出てきます。



当院では、電気療法や手技療法で筋肉を緩めて

運動療法でチューブを使いトレーニングをして

ストレッチで筋肉をしっかり伸ばして治療していきます。

自宅で出来るトレーニング法やストレッチ法なども教えさせていただきますので、

何かありましたらご相談下さい。





  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop

  • メールでのお問合せはこちら
  • twitter
  • facebook
  • ekiten
  • line