新着情報&ブログ | かわうちはり灸整骨院は太田市、足利市から通える整骨院です。

かわうちはり灸整骨院
  • HOME
  • 当院について
  • 症例集
  • お問合せ
  • お役立ち情報

ビジネスブログ

2018年03月20日 [詳しい内容]

「ハムストリングス」について 太田市、足利市整骨院一番を目指して

本日は、「ハムストリングス」について説明させていただきます。

太ももの後ろ側にある筋肉で、

大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋の3つで構成されています。

1

まず、大腿二頭筋は長頭と短頭に分かれています。

長頭は坐骨結節、短頭は大腿骨の粗線から起始し

どちらも腓骨頭の外側面に停止します。

膝関節屈曲・股関節伸展の作用をもち、

長頭は脛骨神経、短頭は総腓骨神経に支配されています。



半腱様筋は坐骨結節から起始し、鵞足として停止します。

膝関節屈曲・下腿内旋の作用をもち、脛骨神経に支配されています。



半膜様筋はハムストリングスの中で最も深部にある筋肉で、

坐骨結節から起始し、脛骨の内側顆の後面に停止します。

膝関節屈曲・下腿内旋の作用をもち、脛骨神経に支配されています。



ハムストリングスは、肉離れを多く発症する部位の1つとして知られています。

原因は柔軟性の低下・筋力の低下・拮抗筋とのバランスの悪さなどです。

拮抗筋とのバランスの悪さとは、

太ももの前面の筋肉に対し、後面の筋肉が弱いという状態です。

肉離れが発症してしまった場合は、まず発症直後から

「アイシング」と「圧迫」を中心に応急処置を行います。

その後治療やリハビリにうつりますが、期間はだいたい2〜4週間くらいです。

肉離れは筋肉が断裂している状態なので時間をかけて治療することが大切です。

何かありましたらご相談下さい。


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop

  • メールでのお問合せはこちら
  • twitter
  • facebook
  • ekiten
  • line