新着情報&ブログ | かわうちはり灸整骨院は太田市、足利市から通える整骨院です。

かわうちはり灸整骨院
  • HOME
  • 当院について
  • 症例集
  • お問合せ
  • お役立ち情報

ビジネスブログ

2018年03月20日 [詳しい内容]

腹診について 太田市、足利市整骨院一番を目指して


今日は切診の1つである腹診についてお話します。





腹診は、患者さんに仰向けで寝てもらい、足を伸ばした状態で行います。

皮膚の状態や腹部の形状などを目で確認します。

次に、腹部を軽く押しながら、皮膚の湿り気や、温度などを確かめ、

さらに、腹部全体の筋肉の厚さ、薄さ、筋肉の緊張、弾力の強弱をみていきます。



健康なひとの腹は,全体的に暖かく、つきたての餅のように適度に柔らかく、上腹部が平らで、

臍の下がふっくらし、手応えがあるなどの特徴があります。





そしてお腹も、五臓と深いかかわりがあります。

真ん中は、脾、

右は肺

左は肝

下は腎

これらの場所を押したとき、痛みや硬さがある場合は、その臓器が病んでいると考えます。



それから、よくみられる腹部の証として

ストレスが溜まった時にみられる「胸脇苦満」があります。これは、肝、胆の病変に多くみられ季肋部

に充満感があり、おしても入りづらい感覚があります。



「少腹急結」はおもに左の下腹部に抵抗感、圧痛がみられます。これは、瘀血や婦人科系の病変によくみられます。





このように、お腹に触れるだけでさまざまな病変を診察できるのです。





1


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop

  • メールでのお問合せはこちら
  • twitter
  • facebook
  • ekiten
  • line