新着情報&ブログ | かわうちはり灸整骨院は太田市、足利市から通える整骨院です。

かわうちはり灸整骨院
  • HOME
  • 当院について
  • 症例集
  • お問合せ
  • お役立ち情報

ビジネスブログ

2018年03月20日 [詳しい内容]

腸腰筋について 太田市、足利市整骨院一番を目指して

本日は腸腰筋について説明させていただきます。

股関節の辺りにある筋肉で腸骨筋・大腰筋から構成されています。

腸骨筋は腸骨窩から起始し、

大腰筋は浅層と深層に分かれていて

浅層は胸椎の12番目と腰椎の1〜4番目の椎体側面とそれらの間の椎間円板の側面、

深層は腰椎1〜5番目の肋骨突起から起始し、

腸腰筋として一体化し小転子に停止します。

股関節屈曲・体幹屈曲などに作用しています。

1

足の踏ん張りや体幹を安定させる役割もあり、日常生活でもスポーツでも重要視されています。

踏ん張る動作は、足からの揺れを腸腰筋が感知し揺れを体に伝えることで衝撃を抑えています。

また、腸腰筋は骨盤内にも付いているため、下腹部の血流にも関係していると言われています。

腸腰筋の衰えや固さから血行不良が起こり、便秘や消化不良・むくみなど様々な症状に影響していきます。

血行が悪くなれば代謝も下がり、結果的に下腹に脂肪が溜まりやすくなります。

腸腰筋が衰えることで内臓の位置が下がり、お腹が出てしまうこともあります。

腸腰筋を鍛えることで内蔵の位置を安定させたり、身体の歪みの改善や、

運動機能の向上にも効果があります。

当院にある「楽トレ」という機械でしっかり鍛えたり、

ご自分で出来る筋トレなどもあるのでいつでもご相談下さい。


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop

  • メールでのお問合せはこちら
  • twitter
  • facebook
  • ekiten
  • line