新着情報&ブログ | かわうちはり灸整骨院は太田市、足利市から通える整骨院です。

かわうちはり灸整骨院
  • HOME
  • 当院について
  • 症例集
  • お問合せ
  • お役立ち情報

ビジネスブログ

2018年03月20日 [詳しい内容]

棘上筋について 腱板損傷の原因一番 太田市、足利市整骨院一番を目指して

本日は、棘上筋について説明させていただきます。

棘上窩から起始し上腕骨大結節に停止します。

腕を外転させる時に三角筋を補助したり、関節を安定させる働きをします。

1

肩の深部には回旋筋腱板といわれる筋肉と腱の集まりがあり、棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋の4つがあります。

その中でも1番損傷が多いのが棘上筋です。

棘上筋の腱が肩峰と上腕骨頭という骨と骨の間を通っているので、刺激を受けて傷ついてしまうことがあります。

スポーツで繰り返し肩を使う動作をしたり、重い負荷をかけることが原因となります。

また、加齢により弱ってしまうこともあります。

腱板損傷の症状には夜間痛・運動痛(肩を横に上げる時60°〜120°の範囲で痛みが出る)・運動制限などがあります。

完全に断裂してしまうと手術をすることになってしまうので、そうなる前にトレーニングなどをして予防することが大切です。


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop

  • メールでのお問合せはこちら
  • twitter
  • facebook
  • ekiten
  • line