新着情報&ブログ | かわうちはり灸整骨院は太田市、足利市から通える整骨院です。

かわうちはり灸整骨院
  • HOME
  • 当院について
  • 症例集
  • お問合せ
  • お役立ち情報

ビジネスブログ

2018年03月20日 [詳しい内容]

くしゃみで骨折? と エプロンをつけるときに使う筋肉

本日の患者さんは太田市在住の男性の方です。勢い良くクシャミをした際に腰が痛くなりその後様子をみていたら股関節まで痛みが出るようになってしまい来院されました。股関節は歩行の際に、腰はベッドから起き上がろうとした際や自転車に乗っていると振動で腰に響くようです。症状) L1・2腰椎 Tenderness(+)叩打痛(+)Starting Pain(++) 大内転筋筋膜炎 Tenderness(+)GaitPain(+)処置) ハイボルテージによる電気療法 LIPUS コルセットこちらの患者さんは腰椎圧迫骨折の可能性がありました。圧迫骨折とはお年寄りなどの骨が脆弱化した方に多く診られる疾患です。お年寄りの方で腰がいたいと訴えられたらまず第一に考えなければなりません。特に、いつの間にか骨折というくらい大きなきっかけがなくても発生してしまいます。その場合は整形外科にてレントゲンを取ることが必要です。圧迫骨折と確定したら腰の動きを制限するようにコルセットや晒を使用して固定をしていきます。同時に当院では骨折治療に対して有効な超音波治療器を使用していきます。固定をしないとなかなか痛みが取れてきません。特にお年寄りの方に多いのでそのまま寝たきりになりかねないので治療とリハビリが必要です。1ここからは、筋肉の説明をさせていただきます。本日は「肩甲下筋」についてです。                                                                   肩関節の周りにあるインナーマッスルで、ローテーターカフ(回旋筋腱板)と呼ばれる腕をひねったり、肩関節をひきつけてしっかりと固定している筋肉群の1つです。このローテーターカフは棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋の総称で、棘上筋・棘下筋・小円筋の3つは肩甲骨後面に付いているのに対して、肩甲下筋だけは肩甲骨前面から付いています。                                                        肩甲下窩から起始し、小結節に停止します。上腕の内旋に作用し、肩甲下神経によって支配されています。肩甲下窩の柔軟性が失われてしまうと、肩関節の外旋制限が起きてしまいます。これにより胸を開くような動作が上手く出来なくなり、巻き肩(肩関節の内旋)になり、姿勢が悪くなってしまいます。そうすると上腕骨の骨頭が前方に引っ張られるため、肩関節前方脱臼の要因になることもあります。また、スポーツでは投球動作やテニスのスイングなどに関与していて、使いすぎると負担がかかり損傷してしまうことがあります。そうならないために日頃からストレッチをしたり、筋肉を鍛えることが大切です。当院でもストレッチやトレーニングを提案出来ますので、何かありましたらご相談下さい。


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop

  • メールでのお問合せはこちら
  • twitter
  • facebook
  • ekiten
  • line