新着情報&ブログ | かわうちはり灸整骨院は太田市、足利市から通える整骨院です。

かわうちはり灸整骨院
  • HOME
  • 当院について
  • 症例集
  • お問合せ
  • お役立ち情報

ビジネスブログ

2016年11月17日 [詳しい内容]

肩峰下滑液包炎・結節間溝炎 太田市の患者さん

本日の患者さんは、太田市在住の主婦の方です。3週間ほど前に右肩に痛みを感じ、現在は肩を挙上させることができないということで来院されました。肩峰下滑液包炎本人は、原因について特に覚えがないようです。症状)結節間溝 Tenderness(+)、Swelling(+)肩峰下滑液包 Swelling(+)右肩関節 外転(++)40℃付近 Liftoff(+)夜間痛(-)二週間前は(+)処置)ハイボルテージによる電気療法超音波治療アイシングサポーター処方結節間溝とは、上腕骨にある上腕二頭筋長頭腱が通過する溝のことを言います。そこで摩擦が多く重なり炎症が起きてしまいます。肩峰下滑液包とは肩関節の摩擦を防ぐクッションのようなものでこれが繰り返しの肩の運動によって炎症を持ってしまいます。炎症を起こしているものはアイシングで冷やしていないとズキズキする痛みが収まりません。こちらの患者さんは、逆に温めていたようです。冷やしていい時期と、温めていい時期を間違えてしまうと逆効果になってしまうので要注意です。


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • PageTop

    • メールでのお問合せはこちら
    • twitter
    • facebook
    • ekiten
    • line