しびれには、鍼治療|鍼灸治療なら太田市・足利市から通える、かわうちはり灸整骨院へお任せください。

かわうちはり灸整骨院
  • HOME
  • 当院について
  • 症例集
  • お問合せ
  • お役立ち情報
腕の神経について説明させていただきます。

太田市、足利市のかわうちはり灸整骨院が神経としびれの治療について解説いたします。脳神経に対する麻痺についても鍼治療が有効です。

正中神経:第5頚椎から第1胸椎の神経で構成される「腕神経叢」から分岐し、上腕、前腕と通った後手根管と呼ばれるトンネルの中を通り指先まで伸びていきます。
支配領域は、屈筋という手首を曲げる筋肉(円回内筋、橈側手根屈筋、長掌筋、浅指屈筋、深指屈筋、長母指屈筋、方形回内筋)や親指の根元にある母指球と呼ばれる筋肉などです。
また、親指から薬指にかけてと手のひら側の感覚も支配しています。
z z
正中神経は、腕や手首の動きだけでなく指を曲げる筋肉なども支配しているため、巧緻性を求められる手にとってはとても重要な神経と言えますが、筋肉や骨、靭帯の間を通っていくため圧迫や損傷などの障害を受けやすくなっています。
高位麻痺と低位麻痺という2つに大別できます。

高位麻痺・・・正中神経は肘の内側から腕に向かって付いている円回内筋という筋肉の下をくぐります。スポーツやお仕事などで腕、指を多く使っている方などは円回内筋の緊張が強くなり、その結果正中神経が圧迫され障害が出てしまいます。
症状は、前腕から指先にかけて支配領域の痛みや痺れ、筋力低下により物をつまむ動作などが不自由になる場合もあります。
z 低位麻痺・・・正中神経は手首のあたりで手根管と呼ばれる骨と靭帯に囲まれたトンネルを通ります。この中には一緒に筋肉の腱も通っており、手首を使いすぎてしまう方などはここで圧迫され障害が出てしまいます。
症状としては、手首の部分での圧迫のため前腕には症状が出ませんが、親指から薬指にかけての痺れや手首の痛み、親指の筋肉は萎縮し筋力低下が起こり物を掴む動作などが不自由になる場合もあります。
z
そこで太田市、足利市のかわうちはり灸整骨院が治療について解説します。

最も起こりやすいのは普段の生活や仕事で手を多く使う中高年の女性です。また妊娠をしてホルモンの関係でむくみが起こりやすくなり、むくみが原因で正中神経が圧迫され指が痺れたり、出産した後も育児で腕の筋肉が緊張しそれが神経を圧迫し、痺れが出やすくなります。
鍼の治療では、神経を圧迫してしまっている筋肉に打って、圧迫を緩め症状の改善を行ったり、むくみに対して代謝を良くして症状の改善をしていきます。
z
また日頃、家で出来るケアとして下の写真の様に腕の筋肉を伸ばしたり、お風呂の中で張ってしまっている筋肉を優しく押してあげたりしてみて下さい。
z
家で日頃のケアをしながら生活すると予防にもなってくるのでぜひやってみて下さい。

かわうちはり灸整骨院 太田市、足利市近郊でお困りの方ご相談下さい。

PageTop

  • メールでのお問合せはこちら
  • twitter
  • facebook
  • ekiten
  • line