シンスプリント 足利市の患者さん - 新着情報&ブログ

かわうち はり灸整骨院
お問合せフォーム
2016年02月23日 [詳しい内容]

シンスプリント 足利市の患者さん


本日の症例は「シンスプリント」です。

足利市 15歳 男の子


サッカー部に所属している男の子で
昨年の冬駅伝の練習に参加し始めてから
走りこみの量が増えたことにより
下腿の内側が痛み出し
症状が治ったり、再発したりを繰り返しています。


症状)

亀山くん

岩野さん

(R・L)

脛骨内側下1/3の圧痛
腫脹(-)、叩打痛(-)
エコー検査にて疲労骨折の跡はありませんでしたが
炎症が見られました。

処置)

ハイボルテージによる電気療法
超音波治療、アイシング、キネシオテーピング

その他、偏平足や開排足(つま先の浮足)
O脚、下腿後面の柔軟性の低下など
シンスプリントを引き起こしやすい原因が多々有ります。

1つ1つ原因を改善し、再発を防がなくてはいけないのですが
この患者さんは都合により通院頻度が限られてしまうため
アイシング、ストレッチ、リハビリ運動、テーピングの貼り方などの指導を行い
下肢のアライメントの改善が必要なことと
セルフケアの重要性を説明し、ご自身でも実施していただいています。


当院では、必要に応じてテーピングの貼り方や
ご自宅でできるセルフケア、フォームの指導
なども施していますので、お気軽にご相談下さいね!




太田市 足利市 桐生市 佐野市
かわうちはり灸整骨院
0284-64-9605

このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop