足首の捻挫(前距腓靭帯・踵腓靭帯・三角靭帯)損傷  太田市の患者さんです。 - 新着情報&ブログ

かわうち はり灸整骨院
お問合せフォーム
2016年01月22日 [詳しい内容]

足首の捻挫(前距腓靭帯・踵腓靭帯・三角靭帯)損傷  太田市の患者さんです。

本日の症例は、足関節捻挫の中等度損傷です。

  38 歳  男性   太田市在住

1

原因)
最近、運動不足を実感しておりアイススケートを始めた患者さんです。
子どもとスケートしていた際に転倒し左足首を強く捻り負傷。
靴を脱ぐとすぐに足首がパンパンに腫れてきて脱ぐのも苦労したそうです。
荷重は、殆どできず負傷した足を地面に殆ど着けず歩かれています。

所見)左足関節 ATFL CFL PTF 三角靭帯に圧痛(++)、 荷重痛(++)、
内外反ストレス test (+)、 腫脹(++)、骨折(−)

エコー検査) 5

6
施術)LIPUS(急性期専門治療器) 鎮痛抑制治療器(ハイボルテージ)冷却(アイシング)

処置)ギプス固定
3

経過) ギプス固定を処置することにより荷重をかけても全く痛くないとおっしゃられておりました。
スタッフは、患者さんに”神の手だね”とお褒めの言葉を頂きたいへん喜んでおりました。
当院では、外傷(ケガ)メインの治療を行っております。
プライドを持って施術しておりますので安心してお任せ下さい。
これが整骨院「本来の姿」です。
今年に入りまだ診療が始まって2週間ですがギプス固定をした患者さんも5件以上10件に迫っております。
こちらの患者さんも最後まで責任持って施術させて頂きます。
後遺症を残さないようにリハビリもやりますので、社会復帰も早くなります。

ケガをされた場合は、当院にお任せ下さい。

4


太田市 足利市 佐野市 桐生市

かわうちはり灸整骨院
太田市市場町672-3
0284-64-9605

http://jun-hariseikotu.com/
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop