左足関節捻挫 太田市の患者さん - 新着情報&ブログ

かわうち はり灸整骨院
お問合せフォーム
2015年12月29日 [詳しい内容]

左足関節捻挫 太田市の患者さん

本日の症例は、左足関節捻挫(前距腓靭帯、踵腓靭帯の部分断裂)です。

ギプス2

太田市 13歳 女の子


負傷経緯) バスケットの練習中に前方に居た人と接触し
転倒した際に左の足首を強く捻ってしまい来院された患者さんです。

石川くん

所見) 前距腓靭帯(ATFL) 踵腓靭帯(CFL)の圧痛(+)
腫脹(+) 内反ストレス(+) 荷重痛(+)

診断) 前距腓靭帯、踵腓靭帯、部分断裂

施術) 超音波治療、アイシング、微弱電流

処置) ギプス固定

亀山くん

翌日からは、患部だけ出るようにギプスに穴を開けて
固定を継続しながら音波治療などを施していきます。
ギプスにヒールをつけて適度な荷重がかけられる事によって
損傷部分の修復を促進することができます。


私生活に困難が出てしまいますが
安全に競技復帰までの期間を短縮できます。
ギプス除去後は関節可動域訓練や
筋肉強化のリハビリを行っていきます。


太田市 足利市 佐野市 桐生市

かわうちはり灸整骨院
太田市市場町672-3
0284-64-9605

http://jun-hariseikotu.com/
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop