試合前のテーピング 右膝 編  太田市 整骨院 - 新着情報&ブログ

かわうち はり灸整骨院
お問合せフォーム
2015年12月21日 [詳しい内容]

試合前のテーピング 右膝 編  太田市 整骨院

今回は、当院に通院してい頂いている学生のテーピング対応についてです。

当院では、土曜日 通常 朝8:00から診療開始ですが
試合前のテーピング対応では、朝7:15分より対応しております。

最近のクラブ活動・部活動は、集合時間が早く朝に対応しないと間に合いません。

また、テーピングは、前の日に巻いても効果は全くありません。
かぶれる原因にもなるので避けたほうが良いと思います。

症例)  12歳  男の子

経緯) サッカークラブにて最上級生にてキャプテンをしており膝の障害がありましたが
     最後の試合なのでどうしても出たいとの希望。
    出来れば、休んで欲しかったのですがテーピングを巻くのであれば
    プレーしても良い許可を出させて頂きました。

石川くん

所見) 膝内側側副靭帯損傷(MCL) 膝蓋靱帯炎にて当院に継続的に通院しておりました。
     外反ストレスtest(ー)・30°外反ストレスtest(+) 

施術) ハイボルテージにて筋緊張緩和処置・大腿部及び下腿部筋膜リリース

処置) ホワイトテーピングにて膝関節テーピング処置


経過) 専門医療機器による治療・手技療法(筋膜リリース)・テーピング固定により当日は
     痛みなくサッカーができたと喜ばれておりました。
     痛みがあり、プレーに支障が出てしまうとプレーにの質も落ちてしまい
     怪我の再発にもなってしまいます。
     今回は、膝の靭帯を痛めていたのでキネシオテーピングのような伸縮性のあるものでは
     絶対に危険です。
     また、その判断も重要です。 
     当院では、エコー検査にて膝の靭帯・半月板も診れますので安心してお任せ下さい。


太田市 足利市 佐野市 桐生市
かわうちはり灸整骨院
太田市市場町672-3
0284-64-9605
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop