ふくらはぎの 肉離れ  足利市の患者さん - 新着情報&ブログ

かわうち はり灸整骨院
お問合せフォーム
2015年12月18日 [詳しい内容]

ふくらはぎの 肉離れ  足利市の患者さん

本日は、ふくらはぎの肉離れの症例です。

42歳  男性

アキレス腱


休日のゴルフにて強くスイングした際に右ふくらはぎが”ビキッ”とし負傷。

その後、右足の踵をついて歩けなくなりました。 お連れの方に肩を支えられながら来院された患者さんです。


所見) 右ふくらはぎ(腓腹筋内側頭) 圧痛(Tenderness ) ++ 荷重痛(Gait pain) ++
Thompson test(-)

エコー検査)hukurahai
huku


 
診断) 右腓腹筋 内側頭 筋断裂

施術) 冷却LIPUS(超音波治療治療器) 微弱電流

処置) ギプス固定  松葉杖処方

対処・指導)

 まず一週間は、完全固定にて患部の肉離れをつなぎます。
 徐々に固定を緩めていき、痛みの度合いを診ながら超音波治療・EMS(電気のよる筋肉の刺激)
 を施術していきます。
 肉離れは、必ず筋肉の拘縮が起きますので手技療法を施術するタイミングをみかはらって行います。
 場合によっては、鍼治療をし早期回復、早期復帰を促していこうと思います。


太田市 足利市 佐野市 桐生市
かわうちはり灸整骨院
群馬県太田市市場町672-3
0284-64-9605     
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop