新着情報&ブログ | かわうちはり灸整骨院は太田市、足利市から通える整骨院です。

かわうちはり灸整骨院
  • HOME
  • 当院について
  • 症例集
  • お問合せ
  • お役立ち情報

ビジネスブログ

2018年03月20日 [詳しい内容]

サッカーをして足首が痛いと来院。筋肉の解説は、膝の後ろにある大事な筋肉についてです(*^^*)

本日の患者さんは足利市在住の小学生の男の子です。

来院直前にサッカーの試合に右足で踏ん張りきれずに足首を強く捻り負傷しました。

来院された際は足を引きずりながら歩いていました。以前に逆足を捻挫したことがあるようです。



症状)

脛腓靭帯

   Tenderness(++) Swelling(+) Gaitpain(++) 足関節底屈(+) 背屈(+)

処置)

ハイボルテージによる電気療法 LIPUS アイシング ハイボルテージ検査・治療

テーピング固定 足関節シーネ 

1

脛腓靭帯とは足首のやや上方に位置する靭帯で脛骨と腓骨をつなぐ強力な靭帯です。

足首を捻った際に稀に損傷してしまうもので、強力な靭帯なのでしっかりとした治療が必要です。

今回の患者さんは次の日にサッカーの試合があり、どうしても出場したいという希望がありましたので

ハイボルテージ検査・治療にて痛みを減らし、テーピングにて固定をしました。

テーピングは試合を終える頃になると緩くなってしまいますので試合後はキャストを使用したシーネで

固定を出来るように準備をしました。

現在は痛みはかなり落ち着いており、また次の大会に出場できるように足首のリハビリをしています。

このように状況に合わせた治療が出来ますので何か合った際はご相談して下さい。



ここからは、筋肉についての説明をさせていただきます。                                

今回は「膝窩筋」です。                    

腓腹筋に覆われている深層筋の1つで、この筋肉を直接触診することはできません。             



大腿骨の外側上顆から起始し、脛骨の後方内側上部に停止します。                

ハムストリングスの補助的な役割を果たしていて、                                         

主に膝関節の屈曲とわずかな内旋にも関与しています。(膝関節屈曲位の状態で)            

支配神経は脛骨神経です。                                                           

1

膝関節の屈曲に作用する筋肉にはハムストリングス・腓腹筋・膝窩筋などがありますが、              

ハムストリングスと腓腹筋は二関節筋(2つの関節をまたぐ筋肉)で、膝窩筋は単関節です。                  

ハムストリングスや腓腹筋の柔軟性が衰えると、                                             

膝関節が伸びきらず常に屈曲状態になるので、疲労が溜まりやすくなります。                                    

膝窩筋は膝の後方外側部の安定性を保つためにも必要な筋肉です。                                 

膝窩筋で炎症が起きると、膝窩筋腱炎にもつながっていきます。                          

原因としては、使いすぎ・X脚やO脚・膝の伸展障害などです。                                    

治療法は電気療法・膝周囲の筋肉の手技療法・ストレッチなどがあります。

何かありましたら相談してください。

1


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • PageTop

    • メールでのお問合せはこちら
    • twitter
    • facebook
    • ekiten
    • line