新着情報&ブログ | かわうちはり灸整骨院は太田市、足利市から通える整骨院です。

かわうちはり灸整骨院
  • HOME
  • 当院について
  • 症例集
  • お問合せ
  • お役立ち情報

ビジネスブログ

2018年03月20日 [詳しい内容]

下位交差性症候群 太田市 足利市 整骨院一番をめざして

本日の患者さんは太田市在住の女性、主婦の方です。

数日前から腰が痛くなり重量物を持ち上げる際や椅子に座る際、立ち上がる際に

腰に痛みが出るということで来院されました。

以前にも同じような痛みが出たことがありましたがその時は

すぐに治ったという事です。



症状)

   腰部 伸展(+) 屈曲(+) 左右回旋(+)Kemp Test(+)

         脊柱起立筋 Tenderness(+) 

   腸腰筋 腹横筋 MMT4 下肢柔軟性(+)



処置)

   ハイボルテージによる電気療法 手技療法 骨盤矯正



下位交差性症候群とはインナーマッスルの筋力低下・柔軟性の低下などにより起立筋などの筋肉の機能が

亢進されることにより腰椎の前弯がつよくなり反り腰になってしまいます。

人の腰はある程度の前弯は必要ですが

必要以上に前弯が増加してしまうと逆に腰を痛める原因になります。

特に最近の子ども達は姿勢が崩れてしまっている子が多くみられ、中学生くらいで

スポーツをしている子達は腰椎分離症などの疾患に悩まされることが増えてしまいます。

大人になっても腰痛に苦しむことが多いと思います。

それなので今回の患者さんには楽トレ+骨盤矯正にて体の強化を行っていこうと思います。

楽トレと骨盤矯正をすることで筋力増加、柔軟性の向上により正常な姿勢に戻し無理のない身体にしていければと思っています。





ここからは、筋肉の説明をさせていただきます。

本日は「後脛骨筋」についてです。

ふくらはぎ内側の深部から内くるぶしの後ろを通り土踏まず付近についている筋肉で、

土踏まずを吊り上げるように働きます。

1

骨間膜・脛骨後面および腓骨内側面の上部2/3から起始し、舟状骨粗面および楔状骨に停止します。

足の底屈・内転の作用をもち、脛骨神経によって支配されています。



足根骨の1つである「舟状骨」が筋肉に引っ張られて、

過剰骨(通常にはない余分な骨)が出っ張ってきてしまったような状態を「外脛骨」といいます。

正常な人でも約15〜20%の人には存在しますが、痛みがなければ特に問題はありません。

しかし、スポーツ・捻挫・偏平足などをきっかけに痛みが出てしまったものは

「有痛性外脛骨」といい治療が必要になります。

舟状骨に付着する後脛骨筋が、繰り返し引っ張られることにより付着部で炎症を起こしてしまいます。

ウォーキング・ランニング・ジャンプ・スポーツなど

学生の使いすぎが原因となります。

また、後脛骨筋は足のアーチ(土踏まず)を形成する役割もあるため

偏平足のひとは後脛骨筋に負担がかかりやすい状態になっています。

悪化すると靴を履くだけでも強い痛みがでてしまうので、なるべく早く治療が出来ると良いと思います。

当院では電気療法や手技療法で筋肉を緩ませて、

アーチをつくる機械や運動療法などで治療をしているので何かありましたら相談して下さい。


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • PageTop

    • メールでのお問合せはこちら
    • twitter
    • facebook
    • ekiten
    • line