新着情報&ブログ | かわうちはり灸整骨院は太田市、足利市から通える整骨院です。

かわうちはり灸整骨院
  • HOME
  • 当院について
  • 症例集
  • お問合せ
  • お役立ち情報

ビジネスブログ

2018年03月20日 [詳しい内容]

四診について 太田市、足利市整骨院一番を目指して


みなさん こんにちは!



今日は四診の1つである切診についてお話します。



切診とは、患者さんの体に触れて診察する方法です。

なかでも脈をとる「脈診」と、おなかに触れて調べる

「腹診」が重要です。



今日は脈診を詳しくお話します。

脈診は、手首の親指側の骨の内側にある脈を人さし指、中指、薬指の3本で触れて

調べます。



人さし指が当たる脈は、「寸脈」

中指のところは、「関脈」

薬指のところは「尺脈」といいます。

1

このように左右の寸関尺の脈はそれぞれ特定の五臓に関係しているので

1つ1つの脈の種類をよみとるのです。

そしてこの脈の種類がたくさんあり、約20種類以上あります。



例えば浮脈は風邪の引き始めに診られる脈で、強く押すと消えてしまうのが特徴です。

弦脈は触れた時に脈がかたく、ギターの弦のような感触に似ています。この時は

精神的なストレスを抱えていることが多いと言われます。

数脈は早い脈、反対に遅脈は遅い脈など、他にもたくさんの脈の種類があります。

これを指の感覚だけ鑑別していくので、とてもむずかしい技なのです。





みなさんもぜひ、自分の健康チェック方法に脈診を取り入れてみてください!

指で触れてどこの脈が弱いか、いつもより脈が速いな、など

一日一日脈は違うので、自分の体調の変化が実感できますよ!



  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • PageTop

    • メールでのお問合せはこちら
    • twitter
    • facebook
    • ekiten
    • line