新着情報&ブログ | かわうちはり灸整骨院は太田市、足利市から通える整骨院です。

かわうちはり灸整骨院
  • HOME
  • 当院について
  • 症例集
  • お問合せ
  • お役立ち情報

ビジネスブログ

2018年03月20日 [詳しい内容]

上腕二頭筋について 太田市、足利市整骨院一番を目指して

本日は、上腕二頭筋について説明させていただきます。

一般的に力こぶが出る筋肉として知られていますが、長頭と短頭の2つに分かれていて

長頭は肩甲骨関節上結節から、短頭は烏口突起から起始し

どちらも橈骨粗面に停止します。

肘関節の屈曲・回外の作用をもち、筋皮神経によって支配されています。

1

筋肉は骨から骨に付いていて力こぶの部分を筋腹、筋肉が骨に付くところを腱といいます。

上腕骨の大結節と小結節の間にある結節間溝という溝を上腕二頭筋の長頭腱が通っていて

ここで腱が繰り返し刺激を受けたり、強い刺激を受けたりすると炎症を起こしてしまいます。

使いすぎ・同じ動作を繰り返すスポーツ・ローテーターカフ(回旋筋腱板)の筋力低下・

肩関節の動きが硬い・瞬間的に強い力がかかるなどが原因となります。

最悪の場合、腱が切れてしまうこともあるので

ストレッチや筋力トレーニングをして予防していきましょう。


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • PageTop

    • メールでのお問合せはこちら
    • twitter
    • facebook
    • ekiten
    • line