腱板断裂(棘上筋) 小山市 整骨院の患者さん - 新着情報&ブログ

かわうち はり灸整骨院
お問合せフォーム
2015年11月16日 [詳しい内容]

腱板断裂(棘上筋) 小山市 整骨院の患者さん

本日の症例は、腱板断裂(棘上筋)です。

既に負傷してから10ヶ月経っており、自力で肩を上げる事ができず 
肩甲骨にくっついている棘下筋という筋肉も萎縮してしまっています。

痛みなどはないが、肩を上げる筋肉が断裂してしまっているので
他の筋肉で肩を上げる動作をカバーしている状況です。

村上さん

処置

ハイボルテージにて筋促進

肩関節周囲の手技

チューブトレーニング(腱板)
※外転時、僧帽筋の動きに注意


断裂してしまった筋肉をまた使えるようにしなくてはいけないので
長期間のリハビリが必要であるということを理解していただきました。


太田市 足利市 佐野市 桐生市
かわうちはり灸整骨院
群馬県太田市市場町672-3
0284-64-9605
http://www.jun-hariseikotu.com/
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop