右肘外側上顆炎+骨端線損傷 太田市 整骨院の患者さん - 新着情報&ブログ

かわうち はり灸整骨院
お問合せフォーム
2015年11月16日 [詳しい内容]

右肘外側上顆炎+骨端線損傷 太田市 整骨院の患者さん

10歳 男の子

野球の投球のやり過ぎによる損傷。

初診時OCD(離断性骨軟骨炎)を疑いスポーツ整形外科へ紹介致しました。

OCDは否定されましたが、骨端線の損傷は、エコーにて

左右の違いがはっきり分かりましたのでシーネ固定をさせてもらいました。


所見)右肘外側上顆及び骨端線への圧痛(++)

腫脹(+)中指伸展test(+)

エコー)左右差著明



殿岡くん


殿岡くん2


処置)物理療法、投球中止、日常生活動作指導

ギプスシーネ固定

殿岡くん3

10歳という子供なので成長軟骨に障害が残らないように

大げさな様ですが、きちんと固定しておかないと後遺症の原因になってしまいます。


太田市 足利市 佐野市 桐生市
かわうちはり灸整骨院
群馬県太田市市場町672-3
0284-64-9605
http://www.jun-hariseikotu.com/
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop