新着情報&ブログ | かわうちはり灸整骨院は太田市、足利市から通える整骨院です。

かわうちはり灸整骨院
  • HOME
  • 当院について
  • 症例集
  • お問合せ
  • お役立ち情報

ビジネスブログ

2018年03月20日 [詳しい内容]

後頭下筋群とは・・・ 足利市 太田市整骨院一番を目指して

今日から、毎週金曜日は私上村がからだの筋肉について詳しく解説をしていくので良かったら見て下さいね☆人間には、無数の筋肉がありますが毎週どこか1つに注目してどういう筋肉でどういう働きをするのか…また、どのような疾患に繋がるのかを解説します!本日は第一回目ですが「後頭下筋群」について說明させていただきます。後頭下筋群は、うなじあたりにある大後頭直筋、小後下筋群、上頭斜筋、下頭斜筋で構成されています。大後頭直筋は軸椎(※1)の棘突起(※2)から、後頭骨の下項線に付着していて、左右の筋が収縮すると頭を後屈(後ろに倒す)させ片側が収縮すると頭を同側に回旋(左右を向く)させます。小後頭直筋は、環椎(※3)から頭の後ろの骨付着していて、大後頭直筋と同じ動きをします。上頭斜筋は、環椎の横突起(※4)から後頭骨に付着していて左右の筋が収縮すると頭を後屈させ、片側が収縮すると頭を同側に傾け、反対側に回旋させます。下頭斜筋は、軸椎の棘突起から環椎の横突起に付着していて、上頭斜筋と同じ働きをします。これらの筋は、後頭下神経によって支配されています。そしてこの神経は、椎骨動脈と共に大後頭直筋、上頭斜筋下頭斜筋によって作られる後頭下三角(※5)の中を通ります。頭部が、前方に行き首の負担のかかる姿勢、猫背ストレートネックと言われる姿勢は後頭下筋群の過緊張(固く緊張している状態)を起こし三角形がの範囲がどんどん筋肉の緊張によって狭まってきます。そうすると、後頭下三角の中を通る血管や神経を圧迫します。脳に血液や酸素の量が少なくなり頭痛を起こす原因にもなってしまいます。日頃から、首のストレッチをよく行いそれでも痛みが出てしまったり、不良姿勢になってしまった場合は当院の肩こりコース(猫背矯正)をおすすめします!11(右が不良姿勢になります。左が矯正後です)コースですと、緊張した筋肉をまず電気で緩めます。その後に手技か鍼かを選択できますので選んでいただきさらに緊張を取っていった状態で猫背の矯正に移ります。そうすると、筋肉も言うことを聞いてくれやすくなります!1度やっただけで一生持つ訳ではありません。どうしても戻ってしまいます。週に1回など定期的にやってもらうことによって段々と悪い癖が治り定着してきますので諦めずに最初の方は治療をしてもらうことをオススメします。お得な回数券などもありますのでお試し下さいね\(^o^)/※1首の2番目の骨※2首の骨後ろの出っ張り部分※3首の骨1番目の骨※4首の骨の横の出っ張り※5頭の下の方にある3つの筋肉が集まってできる△


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • PageTop

    • メールでのお問合せはこちら
    • twitter
    • facebook
    • ekiten
    • line