ATF捻挫(前距腓靭帯)太田市の患者さん - 新着情報&ブログ

かわうち はり灸整骨院
お問合せフォーム
2017年04月06日 [詳しい内容]

ATF捻挫(前距腓靭帯)太田市の患者さん



本日の患者さんは、太田市在中の12歳の男の子です。
野球をしている時に足首を捻り負傷。
翌日に当院に来院されました。

ATFの捻挫


症状)

ATF…
Tenderness(+)、Swelling(+)、Gait pain(+)
内反ストレステスト(+)

処置)

低周波
超音波
サポータによる固定


こちらの患者さんは、ATFの捻挫歴があり、
足関節が緩くなっていました。
まず1週間安静にし、その後チューブを使用して
リハビリを開始して復帰を目指します。

捻挫をして放っておいてしまうと
関節が緩くなり、機能障害を引き起こす可能性があるので
しっかりとした固定が必要になります。

固定もギプスからサポーターまで種類が様々ありますので
患者さんに合わせたものを処方いたします!


このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop