大腿直筋付着部炎 太田市の患者さん - 新着情報&ブログ

かわうち はり灸整骨院
お問合せフォーム
2017年02月28日 [詳しい内容]

大腿直筋付着部炎 太田市の患者さん



太田市 10歳 男の子


サッカーの練習中、走ったりボールを蹴る際に左股関節に
痛みが生じるということで来院されました。

大腿直筋腱炎

所見)

L)下前腸骨棘:Tenderness(+)
股関節屈曲(+)
Patvick test(+)
大腿伸展test(+)

処置)

ハイボルテージによる電気療法
超音波
キネシオテーピング
ストレッチ指導

股関節にある下前腸骨棘という部分には
大腿直筋という膝を伸ばしたり股関節を曲げる時に
作用する筋肉の付着部があります。
走る、ボールを蹴るなどの繰り返し動作による
ストレスで筋腱付着部に微細な損傷が生じ
炎症が起こることにより痛みが発生します。

原因となる筋肉の筋緊張を緩和しストレッチを
行うことで症状が軽減します。
また、週末に試合があるということで
それまでは練習強度を下げていただき
キネシオテーピング処置を行いました。

股関節の痛みでお悩みの方は
お早めにご相談下さい!
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop