結節間溝炎、肩峰下滑液包炎 桐生市の患者さん - 新着情報&ブログ

かわうち はり灸整骨院
お問合せフォーム
2017年02月16日 [詳しい内容]

結節間溝炎、肩峰下滑液包炎 桐生市の患者さん



本日の患者さんは、桐生市在住の男性の方です。
数ヵ月前から肩に痛みがあり、野球や着替えをする際に
辛さがあるということで来院されました。


症状)

Painfularc(+)、Liftoff(+)
結節間溝 Tenderness(+)、スピードテスト(+)

処置)

ハイボルテージによる電気療法
手技療法
運動療法

こちらの患者さんは、結節間溝と肩峰下滑液包に
炎症を持っていて、日常生活、仕事の際に痛みが出ていました。

結節間溝炎

普段からトレーニングをしているようで
肩も鍛えていましたが、肩関節のインナーマッスルに対しては
あまり意識をされていないようでした。

チューブトレーニング(肩関節)は、負荷を多くかけてしまうと
アウターマッスルを鍛えてしまい効果が薄れてしまうので
そこのところは注意が必要になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop