掌側板損傷 太田市の患者さん - 新着情報&ブログ

かわうち はり灸整骨院
お問合せフォーム
2017年02月14日 [詳しい内容]

掌側板損傷 太田市の患者さん



太田市 27歳 男性

2ヶ月ほど前にサーフィン中にサーフボードに
親指を引っかけてしまい痛めてしまってから
仕事などで重い物を積み下ろしをする際に
痛むとのことで来院されました。


掌側板損傷


所見)

(L)母指MP関節:屈曲(+)、伸展(+)
エコー検査にて掌側板損傷(+)


掌側板とは、指の第二関節の手の平側についている
繊維軟骨で、指が逆側に反りすぎないようにするための
ストッパーのような役目をしています。
今回のようにただの捻挫と思って放っておくと指が
十分に曲げ伸ばしができなくなってしまったり
関節の安定性がなくなり、日常生活に問題が生じることもあります。


処置)

超音波治療
仕事中に痛みが発生することと、手をよく使う仕事のため
仕事中の負荷を軽減するようにプライトンを使用して
取り外しが可能な固定を作成し一週間の固定。



固定除去後は、痛みなく仕事ができrようになり
固定期間中に硬くなった筋肉の柔軟性を確保するために
ストレッチ指導を行いました。


いつまでたっても痛みが引かずに放置している
指の痛みなど、お早めにご相談下さい!
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop