左手首の痛み 湿布で治らない  太田市の患者さん - 新着情報&ブログ

かわうち はり灸整骨院
お問合せフォーム
2017年01月16日 [詳しい内容]

左手首の痛み 湿布で治らない  太田市の患者さん

本日の症例は、左手首の痛みに悩まれている患者さんについてです。
1
40歳 男性

負傷原因)

ダンボールを持ち上げる動作を繰り返して負傷。
その後、お風呂等で手首周辺を揉んでしまい悪化。
痛みに耐えられなくなり当院を受診。

所見)

左手首 : TFCC に圧痛(++)尺屈(++)回内動作激痛(+)背屈(+)

2

評価)
左手関節 TFCC(三角線維軟骨体)の負傷

エコー検査)

処置)

ハイボルテージ治療(まず痛みを半減させます)痛みの段階を10➡5 へ

ギプス固定
1
経過)

こちらの患者さんは、痛みが非常に強く安静時にも出ており早期回復を望まれましたので、ギプスの提案をさせて頂きました。

このギプス固定により関節の動きが完全に制限されます。

絶対に使えません。 よって関節の中にあるTFCC(手首にある軟骨です。)

その部分の早期治癒が目的です。筋肉だけであればギプスの必要性はありません。

このように当院では、手首を使用しながら治療もできますが、当院に来れる時間がない。

早期回復(電車で言う特急のような治療)もできます。

どうしても時間が取れない。部活動の大会にまにあわせたい。

など 何でもご相談下さい。

かわうちはり灸整骨院
群馬県太田市市場町672-3
0284-64-9605
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop