左手 橈骨骨折の後療法  当院にて最短治療しております - 新着情報&ブログ

かわうち はり灸整骨院
お問合せフォーム
2016年12月09日 [詳しい内容]

左手 橈骨骨折の後療法  当院にて最短治療しております

今回の症例は、左手橈骨骨折(掌側バートン骨折)という骨折の治療・リハビリについてです。

負傷原因)

仕事中に脚立から落下し手をついた際に負傷。
当院は、休日だったため救急にて総合病院に行かれました。
翌日に当院に来院。
1
所見)

左手橈骨:Tenderness(圧痛) ++ 限局性圧痛(+) 固定をし確定診断出ているのでそれ以外の所見は、行わず。
2
対処)

当院に3台あるLIPUS(微弱超音波治療器)← 回復を通常より4割近く早めます。

衛生状態を保つため、包帯交換
3
今後の治療)

上記のLIPUS(微弱超音波)を毎日かけ続け回復を早めます。よって仕事復帰も早めますし患者さんにとっても良い事ずくめです。

また、骨癒合の状態も当院の超音波診断機(エコー)にて画像を診れてきちんと時期を見極めます。

そして落ちた筋力をEMSにて筋力を取り戻していきます。最後にリハビリです!!

このように当院では、骨折の治療に慣れておりますので治療手段が確立されており、最短で安心・安全な治療をしております。

学生や骨折を早く治したい方は、ぜひ一度ご相談ください。

かわうちはり灸整骨院
群馬県太田市市場町672-3
0284-64-9605
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop