有痛性外形脛骨 太田市の患者さん - 新着情報&ブログ

かわうち はり灸整骨院
お問合せフォーム
2016年11月01日 [詳しい内容]

有痛性外形脛骨 太田市の患者さん



太田市 10歳 男の子


当日、右足首の内側が体育でハードルを行ってから
捻った覚えもないのに痛くなったと来院されました。


有痛性外脛骨

所見)

R外脛骨 Tenderness(+)、Swelling(+)、足関節内反ストレス(+)
Gaitpain(+)、偏平足

普段は、剣道と野球を習い事でやっていて
痛くなったことはなかったそうです。

話を聞くと、2日前にマラソン大会に出場し
その練習のために走るトレーニングが多かったとのこと。
外脛骨とは、足首の船状骨(余分な骨)でこれに
痛みを伴うようになると有痛性外脛骨といいます。

捻挫をしたことで痛みが発症することが多いですが
今回のように明らかな話困がなくても足への負担が
過度になることで外脛骨へ付着している後脛骨筋の
緊張が強くなることで痛み出すこともあります。
また、偏平足を伴っている場合が殆どです。

処置)

ハイボルテージによる電気療法
(疼痛抑制、筋緊張緩和)
超音波治療
アイシング
キネシオテーピング

疼痛、炎症が落ち着いたら、再発防止のために
偏平足を治す処置を行っていきます。
殆どの場合は、このような保存療法で治りますが
炎症が長引いたり、何度も再発を繰り返す場合は
手術が必要になることもあります。
外脛骨や偏平足でお悩みの方はお早めにご相談ください!


このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop