円回内筋症候群 太田市の患者さん - 新着情報&ブログ

かわうち はり灸整骨院
お問合せフォーム
2016年10月26日 [詳しい内容]

円回内筋症候群 太田市の患者さん



太田市 65歳 男性

3〜4日前からデスクワークをしていると
左手が痺れてくるようになり来院されました。


所見)

・母指・示指・中指の手掌側の痺れ
・前腕の倦怠感
・円回内筋Test(+)
・Pnale's Test(-)

円回内筋症候群

円回内筋症候群とは、前腕を内側に回転させる
動きを繰り返したり、長時間のパソコン作業などで
肘の内側から外側へ斜めに走っている円回内筋が
過剰に緊張し、正中神経を圧迫することで
痛みや痺れを引き起こします。


処置)

・ハイボルテージによる電気療法
(筋緊張緩和)
・肩甲帯回内を改善する手技療法
・鍼治療
(左上肢)
・ストレッチ指導

2回目の治療で症状が緩和され痺れがなくなりました。
こちらの患者様は、肩甲帯の回内が強く不良姿勢が
癖付いてしまっていたので姿勢改善の手技療法と
ストレッチ指導で再発予防を行いました。

腕や指先の痺れでお悩みの方はお気軽に
ご相談くださいね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop