梨状筋症候群 太田市の患者さん - 新着情報&ブログ

かわうち はり灸整骨院
お問合せフォーム
2016年10月21日 [詳しい内容]

梨状筋症候群 太田市の患者さん





本日の患者さんは、太田市在住の68歳男性の方です。


畑仕事をする際に腰から臀部にかけて痛みがあり
大腿部に痺れがあるという事で来院されました。
既往として昨年の4月に第五腰椎圧迫骨折を発症しているようです。

梨状筋症候群

症状)第五腰椎 Tenderness(+) 叩打痛(+)
梨状筋  Tenderness(+) ストレステスト(+)
    腰椎後湾(+)

処置)

ハイボルテージによる電気療法
手技療法 
鍼治療


梨状筋症候群とは、臀部にある梨状筋という筋肉が坐骨神経を圧迫してしまい
下肢に痺れや痛みを発症してしまう疾患です。
こちらの患者さんの場合は、圧迫骨折の痛みにより腰椎が後湾してしまい
常に腰部から臀部にかけて負担がかかってしまっている状況にありその結果
梨状筋症候群を発症してしまいました。
治療は圧迫されている神経を解放させるように手技、鍼を使いながら施術しました。
施術後は痺れ・痛みも少なくなっていました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop